『スプラトゥーン』至近距離で鉢合わせしてしまった時の立ち回りについて考察!

※研究が進んでいない当時の記事ですので参考程度に。

『あ、そういえば至近距離で遭遇した時の立ち回りってあんまり意識してなかったな…!』

どうも、最近シャンプーを変えたところ頭皮のかゆみが収まってきたよわはだです。

今回の記事はフォロワーの方からネタをいただきました。(記事ネタ提供感謝するでごわす!)

んで、記事ネタはというと「至近距離で敵とばったり出会ってしまった時の立ち回り」です。

遠距離系のブキを好んで使っていたので、ばったり出会ってしまったときは基本的に逃げ回っていたんですよね。遠距離系のブキって至近距離の戦いに向いていませんし。

今思えば、そのクセが染みついているのか、近距離系のブキを使っているときでも基本的に逃げ回って体勢を立て直すようにしていました。まあ、死なないことが一番ですからね。

んまあ、敵と鉢合わせしてしまった時の立ち回りについて、いろいろと考えながらプレイしていたら新たな発見があったんですよ。

とにかく、まずは敵と至近距離で鉢合わせると何がマズいのか考えてみることにしましょう。

スポンサーリンク

敵と至近距離で鉢合わせると勝敗に運要素が強く絡んでしまう

運

敵と至近距離で鉢合わせになってしまったとき、一体何がまずいのでしょうか。もちろん相手も条件は同じはずなので、相手も同じくらいにまずい状況であることは間違いありません。

鉢合わせの問題点は、”勝敗に運要素が強く絡んでしまう”ということです。

勝敗の要因に占める運の割合が高くなって、自身のプレイヤースキルや立ち回り能力が絡んでくる割合が極端に低くなるわけです。下手をすれば初心者相手にさえ負けてしまう可能性も考えられます。

どういう事かというと、

  • お互いの位置関係
  • 相手とのブキの相性
  • 周囲に塗られているインクの状況

主にこの3点が自分でコントロールできなくなってしまうんですよ。

たとえば、相手との位置関係。

鉢合わせした時に「自分の背後に敵がいるけど、相手はこちらを向いている」という状況だとしたらどうでしょう。はっきり言ってほぼ勝ち目はないです。

この状況だと相手が先に気づいている可能性もも十分考えられるし、なにより後ろを取られているのがマズい。

相手との位置関係は立ち回る技術である程度コントロールできるにも関わらず、至近距離で敵と遭遇すると自分のコントロールが効かなくなるのです。

ブキの相性でもおんなじ。苦手な相手は味方に任せて、味方が苦手な敵は自分が担うという、自分の裁量がある程度ききますが、出会い頭になるとコントロールが効きません。

こんな感じで、勝敗を決める多くの要素が”運”に偏ってしまうわけです。

とはいえ、至近距離で遭遇した時の立ち回りをある程度は身につけておかなければなりません。次はその立ち回りについて考えてみましょう。

至近距離で出くわした時の立ち回り

至近距離での遭遇

やはり、いつどの場面でも立ち回りの根底にあるのは、「ガチマッチで勝つには”数の有利”をきかせろ!」でも書きましたが、数の有利を働かせるために”死なないこと”です。これを念頭に置いて考えてみましょう。

敵と遭遇した時の3つの選択肢

敵とばったり遭遇してしまったときに考えられる行動の選択肢は大きく分けて3つあります。

  • 撃ち合う
  • 逃げる
  • イカセンプクして隠れる

さてこの3つの選択肢、どれが最善の手なのでしょうか。何事も行動を選択するときには判断材料が必要ですから、その材料を探してみます。

瞬間的に状況を判断材料する

ばったり出くわしてしまったときにまず行うのは状況判断です。

周囲の状況を確認することによって、撃ち合って勝てるのか、それとも逃げるのが良いのか、はたまた潜って素早く裏を取った方が良いのかを判断する材料にします。

お互いの位置関係の判断

まず最初に相手との位置関係を判断します。相手の向いている方向に対して、正面にいるのか、横にいるのか、後ろにいるのかをスパッと判断します。

もちろん裏を取れているなら攻めればいいし、相手の正面にいてこちらが敵の方向を向けていないのであれば逃げればいいです。

基本的にチャージャーは近距離戦になってしまった場合は即逃げましょう。

相手とのブキの相性の判断

さて、位置状況を判断できたら相手のブキとの相性をみます。

たとえば、こちらがデュアルスイーパーで敵がホットブラスターだった場合を考えてみましょう。

この場合、逃げるんじゃなくて一気に距離を詰めるのが正解です。

ブラスター系は弾の爆発範囲よりも内側に踏み込まれると連射性能がないので一気に弱体化します。距離を詰めることによってこちらの勝算を大きく見積もることができるんですね。

ちなみに、逃げようとした場合、案外爆発の範囲が広くてダメージを受ける可能性が高いんですよね。さらには爆発によって塗られたインクに足を取られて倒される可能性もかなり高いです。

ブキとの相性を知るにはやはり自分で使ってみるしかありません。

いろんなブキを知ることで、相手のブキに合わせた立ち回りができるようになるのでうまさが格段に上がります。実際私もいろんなブキを使い始めてから上達し始めましたからね。

周囲のインク状況の判断

最後に周囲のインク状況を見ます。自インクが多めだった場合、イカダッシュで結構立ち回ることができるので近距離戦でも倒せたりしますが、敵インクの方が多かった場合、今まで自分が塗ってきたインクをたどって素早く退散しましょう。

インクの状況によって立ち回れる幅が大きく変わります。

自インクが少ない場合、その分的が絞られやすくなるのでおそらく勝ち目はないかと。

基本的には逃げが正解

もし自分が倒されると敵が勢いづいて一気に攻めて来ます。ですのでやっぱり基本的には逃げが正解なんじゃないかと思います。

さらにいうと、逃げることによって少し攻め込まれることは必至ですが、「居場所が分かっている」のと「いるのは分かっているけど居場所は分からない」のとでは相手の攻めやすさに月とすっぽんくらいの差があります。

要は、倒されないだけで相手の進行をうまく遅らせることができるんですよ。

それに、うまくイカセンプクで身を隠せられれば、そのまま自陣に突っ込んでいった敵の裏を取ることができるのですぐに挽回できます。

なので、やはりハイリスクを負ってまで撃ち勝つ必要はないんじゃないかと思っています。もっとも、ローリスクハイリターンな場面は他にもたくさんありますからね。

瞬間的判断力を高めるには撃ち勝て要因・撃ち負けた原因を毎回考える

これは普段のプレイにも通用することなんですが、撃ち勝ったとき、撃ち負けたときにどうして勝てたのか負けたのかを毎回考えると良いです。

この”考える”というプロセスを飛ばすと、ただ倒し倒されの単純作業になってしまうんですよ。

まあ、ただプレイしてるだけでも楽しいならそれでいいと思いますが、この記事を読んでいるほとんどの人はうまくなりたくて読んでいるはず。

なら、毎回どこが悪かったのかよかったのかを考えるべきです。
イカAくコ:彡「今のは敵がホットブラスターだったから積極的に近づいていくべきだったかも」
イカAの妹の友達くコ:彡「インクの状況確認してなかったせいでイカダッシュで逃げられなかったのかな?」
イカAの妹の彼氏くコ:彡「イカAの妹の兄が狙撃してきてうぜぇ。
なんていくらでも敗因は思いつくはずです。

そうすることで、少しずつ瞬間的な状況判断力も高くなって、至近距離での撃ち合いでもできる限り運要素を小さくすることができます。

何事にもPDCAサイクルを回せということですね。知恵を振り絞ってイカちゃんたちをうまく操作してあげましょう!

至近距離で鉢合わせしないようにクリアリングの質を高める

まあ、とにもかくにも、スプラトゥーンを楽しみつつ、至近距離で敵と出合った時の立ち回りについていろいろと考えていたんですが、

「そもそも近距離で鉢合わせしてしまう立ち回りしてるのがダメなんじゃね?」

という結論に至ってしまいました。

気づけば、近くでばったりと出合ってしまう時って、急いで前線に戻った時や、クリアリングを適当にしている時なんですよね。

カメラの視点を移動して視界をもっと広くする

カメラ移動_クリアリング

たとえばこの場面。鉢合わせの可能性を排除するために壁の向こう側に敵がいるかどうかをチェックしたいですよね。

クリアリングに慣れていない人は気づいていないと思うんですが、壁の向こう側をこの場所からすべてチェックできるんですよ。

ちょ~っとカメラを移動させてやると、、、

カメラ移動_クリアリング2

こんな感じで壁の奥を見ることができるんですよね。

他にはアロワナモールのここ。

カメラ移動_クリアリング3

この通路って右側から結構敵が来ますよね。ちゃんとクリアリングしないと出て言った瞬間に確実にしとめられます。

実は、ここも右側に敵がいるかどうかをカメラワークで確認できるんですよ。

カメラ移動_クリアリング4

こんな感じで、下をのぞくようにカメラを移動させれば向う側に敵がいるかどうか見ることができます。もうちょっとうまくカメラを動かしてると手前の金網のところも十分見えます。

カメラ移動だけでクリアリングできるポイントはいくらでもあるんですよ。

散歩していろいろと試してみると良いですよ。ここで書くとものすごく長くなってしまうのでまたの機会にいろいろと紹介したいと思います。

基本的には曲がり角なんかは、角にイカセンプクした状態でカメラを移動させて通路を覗き見ることができるので、これはゼッタイに癖づけておいた方がいいですよ。

サブウェポンを利用してクリアリング

ポイズンボール

ボム、スプリンクラー、ポイントセンサー、ポイズンボールなどサブウェポンを敵インク上や死角の通路に投げることによってクリアリングすることができます。

突っ込み死する人に多いのは、敵インクがあるにもかかわらず、とりあえず前線を押し上げようとしてズンズンと前に突っ込むことです。

基本的に敵インクがあるところには敵の居る可能性があると考えて行動しましょう。それだけでもばったり遭遇することが少なくなると思います。

敵インクをしっかり塗っていく

先ほど述べましたが、敵インクには敵が潜んでいる可能性があります。できる限り自分の射程圏内ギリギリの距離でクリアリングいていくようにしましょう。

そもそも、敵インクが周りにあると敵と出合ってしまったときかなり立ち回りの幅が狭くなります。動ける範囲がめちゃくちゃ狭くなるんですよね。

そうなってしまうと、さらに勝ち目が少なくなります。敵との遭遇に備えて敵インクをある程度は塗り替えながら進んでいくといいと思います。

いやー、それにしてもばったり出会った時の立ち回りって運要素も強いですが、ローラーと出合ったときなんか結構勝ち目が無かったりします(笑)。なんせ、ローラーはかなりの強武器ですからね。
ローラー使いに最低限必要な知識はこれだ!これさえ覚えればチャージャーとは比べ物にならないくらい強いです

とにかく私個人の考察なので間違ってるところもあると思いますが参考にしてくださいな。

ではでは、今日も楽しいスプラトゥーン日和を!

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメント

  1. 地雷 より:

    ああああああああ、よわはだ様大好きでぇすぅぅぅぅ!
    よわはだ様のブログ全部読ませてもらってますぅぅぅぅぅ!!
    お陰様でチャージャー上手くなりましたぁぁぁ!!(私が使うと接近ブキ)
    よわはだ様イケボだと思うので動画も出して下さいィィ!!!
    応援してますぅ!!!

  2. パパンチョン より:

    はじめまして。クリアリングの一つだと思うのですが、質問させてください。
    例えばホッケ埠頭の中央の道が交差しているところだと、
    上手い人は どんどんと前線を上げていっていますが、
    僕は敵がどこかに隠れていそうな気がして、あるいは至近距離で鉢合わせそうな気がして、
    こちらの方が数的に優位な状況であっても慎重になりすぎてしまい、
    なかなか前線を上げることができません。
    慎重に敵のインクを塗り替えてクリアリング+足場を固めているのですが、
    そうしている間に敵が増えて、押し負けようものならば更に前線は下がり、
    ジリ貧となって圧倒的な大差で負けがちです。
    意を決して強気に行こうとすると、こんどは待ち伏せや死角から狙われたりで返り討ちによくあいます、、(ホッケ苦手)
    何かカメラワーク意外でのコツとかがあれば教えて欲しいです。

  3. かみじょう より:

    逃げ切れない時があります
    どうすればいいですか?

    • よわはだ よわはだ より:

      逃げ切れないときの状況にもよるんですが、基本的には逃げ切れないような状況に陥らないために、しっかり目にクリアリングをして進むといいと思いますよ。

      毎回逃げ切れるわけではないので時には撃ち合うことも重要かと思います。

      あ、それから、質問等はTwitterにて連絡をいただけるとできるだけ早く返せると思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。