頑張る人たちをバカにするヤツらとの内戦 | それって、人生をこじらせてるだけじゃね?

頑張る人たちをバカにするヤツらとの内戦

新着記事

この前、この記事を読んでいたんですが、まさに今の日本って「頑張ってる人たち」と「頑張ってる人たちをバカにするヤツら」との内戦が起きていると思うんですよ。

スポンサーリンク

”頑張っている人”たちと”それをバカにするヤツら”との内戦

どういうことかというと、“がんばって行動する人たち”と“しないヤツら”の内戦。“何かに情熱を傾ける人たち”と“それをバカにするヤツら”の内戦。インターネットが普及して以降、ここ10年くらいに起こった日本の衰退は、“ヤツら”のほうに耳を傾けすぎてしまったことによる衰退だと思いますね。

これをしたら、なんか嫌なこと言われるかもしれない、デメリットがあるかもしれない、炎上しちゃうかもしれない…。そうやって耳を傾けすぎて、姿の見えない第三者の言いなりになってる。でも、そいつらは誰なの?なんなの?

確かに、インターネットが普及してから2ちゃんねるの掲示板やブログのコメント欄、他にもNewsPicksなどのキュレーションメディアでのコメント欄など、頑張っている人たちをバカにするヤツらがうようよ沸いていますよね。

私のブログのコメント欄にもよく現れますが、ヤツらは記事全体で言いたいことを完全に無視して、記事の一部分だけを取り上げてそれっぽい論理をまとわせて、揚げ足を取らんとばかりに批判していきます。

こういった光景はホント色んな所で見られます。みなさんも、私の言わんとしていることはなんとなく分かるはず。

ヤツらの発言はそれっぽい論理をまとっているせいか、多くの第三者はその意見に流されちゃうんですよ。ヤツらの薄っぺらい言葉に耳を傾け過ぎちゃうんですよ。むしろ、傾けすぎてヤツらのいいなりとなっちゃってるんですよ。

”バカにするヤツら”がどんなヤツなのかイメージする

最初の方に”バカにするヤツら”の発言が目立ってしまうと、たちまち”バカにするヤツら”が増えていきます。

バカにするヤツらの言葉は一見筋が通っているように見えますが、ヤツらがバカしている内容は一体なんなのか、それに対して記事全体でそもそも何を伝えたかったのか、そういったところを考えると、記事の論点からずれたどうでもいいところばかりを批判していることがほとんどです。しかも、こういった批判をしてくるのはたいていが同じ人ばかりです。

もう一度よく考えてみてその発言を見てみると良いと思います。ヤツらの批判は明後日の方向にしか向いていませんから。

そもそも、わざわざ記事を読みにきてバカにするような発言を残していくヤツらはいったいどんな人たちなんでしょう。全体のどれくらいがそういったヤツらなんでしょう。

実際にそいつらの住所をつきとめて会いに行ったとしたら、きっと笑い転げると思いますよ。こんなくだらないヤツらだったのかって。こんなヤツらの言うことを気にして真に受けてたのかって。

まさにこれです。実際に会ってみると、面と向かって同じこと言える人なんてそうそう居ないと思います。

記事にコメントを残す人なんか千人に数人くらいしかいません。それに、コメントを残すのは良心的な人たちよりも悪心的な人たちの方が多い傾向にあります。

これは自分を振り返ってみればわかります。共感した、感心した記事や物事に今までコメントや発言を残したことがありますか? それに対して批判、誹謗中傷したコメントや発言の数はどれくらいですか?

こういったことを考えると、ヤツらの発言を信じるか信じないのかどちらを選択するかは明白なんですよね。

内戦に打ち勝つためには自分のアタマを使う

”頑張っている人たち”と”それをバカにするヤツら”の内戦に打ち勝つためには、自分のアタマを使うしかありません。

みなさんは「ホームレス」と聞くと、どういう人物像を思い浮かべるでしょうか。

「働こうとしない愚か者」「危機感を感じずに何も行動せず社会のレールから脱線した者」

そんな人物像をイメージすると思います。おそらく年齢は20代~40代あたりを思い浮かべているでしょう。

ですが、この”ホームレス”が火事で家を失った人だとしたらどうでしょうか。はたまた、両親を失って助けを得られない少年少女だったとしたらどうでしょう。同じホームレスでも、その人のバックグラウンドを知れば全然印象が違ってくるはずです。

”頑張っている人たちをバカにするヤツら”は、こういうバックグラウンドにはまったく目を向けず、目の前の事象だけで物事を判断するヤツらでしかないんですよ。

今の日本人たちは、そういうヤツらに耳を傾けすぎていると思うんです。そして、いろんな夢や希望に向かっている人たちがどんどんつまれていっちゃってるんです。

ヤツらの声はもううんざりです。うんざりというか、色んな所でみかけるからもう聞き飽きました。もうすでに「はいそうですか。」というくらいにしか見ていません。

この記事を読んでいるあなたはどうなんでしょうか。本当に筋の通った批判があるならしっかりと受け止めて取り入れるべきですが、ほとんどそうじゃない。それなら、自分の夢や希望が摘まれないうちに「はいそうですか。」くらいに受け流すのが賢い選択というものです。

コメント

  1. 匿名 より:

    無職は攻撃的になる
    http://futalog.com/s/313881037.htm

  2. 匿名 より:

    ま〜た持論を当然のように語ってるよ
    底辺晒すだけだからスプラトゥーンの記事上げとけばいいのに

  3. 匿名 より:

    甲子園負けたの?

  4. (ry より:

    批判コメ多すぎwww
    批判しに記事読みに来るとか暇人過ぎて笑えるww

    はい。わたしもそのひとりです。

  5. 匿名 より:

    結局のところ、アクセス数を稼ぐ為に炎上しそうな記事書いて更に煽る記事書く。
    そんな風にしか見えませんね。
    生活かかったるからですか?必死すぎ

  6. 匿名 より:

    最近、人生論の記事の割合が増えてきてますね。スプラトゥーンのビーコン対策などの記事を更新するよりも大事なことなのでしょうか?
    前回の記事では、嫌なことがあったら一旦逃げるのも一つの手だよ、みたいなことを書いてあったと思うんですが、個人的には、嫌なことに対する対価(お金、業績など)があるから頑張れるのでは?、と思うんですよ。よわはださんも、スプラトゥーン関連の記事を書いたあとの反応が対価としてモチベーションを保ち続けたと思うんですよ。でも、今は積み残した記事の更新を先延ばしにして(多分、今までの記事からすると完璧主義なところが邪魔してるのもあると思います)この記事を書いています。スプラトゥーンをやってる人がこれを見て、好きな分野に対して頑張ってると思いますか?
    好きなことだけを書けば良い(もちろん、そこには辛いこともあると思うんですが、そこは今の記事のように頑張ってくれれば良いのですが)のに、と思ってしまいます。最近のよわはださんはなんというか生き生きしてない感じがしてます。今すぐにでも書け、とは言いませんが取り敢えず積み残した分を徐々に更新して欲しいと思います。一つずつ減らすだけでも「頑張ったな、自分」と思えるようになりますよ。
    長文失礼致しました。

  7. 匿名 より:

    批判には批判で返す。
    バカにしてくる人をバカに仕返す。

    煽りイカに煽りイカ仕返すのと同じ事ですよね。。

  8. 匿名 より:

    今回紹介の書籍、なんかケンカ売られてる気分だ。自分自身がヤツらじゃない保証なんてないわな。
    俺、数ヶ月前に職失ったニートのオッサンだけど。笑えよ。

    • 匿名 より:

      あー、熱くなって変な文書いてしまった。申し訳ないです。
      なんだかんだよわはださんの記事は毎回楽しませてもらってます。

  9. 匿名 より:

    社会的弱者の例を出すのに、「ニート」や「乞食」ではなく「ホームレス」を出しているのが気になる。まだまだ自分は社会的弱者の最底辺では無く、ホームレスよりは優位な立場にあると言うような主張が見え隠れしている。
    人生諦めてると公言する割に、保身に走ってるのはどういう事なんですかねぇ。
    邪推かもしれませんがね。

  10. 匿名 より:

    臭い。

  11. 匿名 より:

    お前、頭大丈夫か?
    仕事辞めろ云々書いてる前回の記事読み返してみろよ。働いてる奴らを馬鹿にしてる内容になっておりますが…自分が他人バカにするのはokで逆は許さんとかどんだけだよ。
    で、お前は何を頑張ってるの?読者の期待する記事そっちのけで、どうでもいい糞みたいな人生論垂れ流してるだけじゃねーか

  12. 万年B- より:

    内戦、かどうかはわかりませんが、確かにそういう風潮があるとは思います。
    自分は中二病という言葉も嫌いですし、失敗を恐れて行動しづらい空気もあります。
    若いときはそのとき出来ることを目いっぱいやった方が後悔しない、というのが経験で痛いほどわかっているので。

    ただ、そういった風潮にみんな負けていますよね?
    ニコ動では「~してみた」なんてタイトルが良く見られます。お試しだから、本気じゃないから、と非難されたときの逃げ道みたいで好きになれません。

    そして、残念なのがここのブログタイトルとサブタイトル。

    「人生をこじらせた無能力野郎がさらに人生をこじらせていきます。」

    こんだけ卑屈なことを書いたらそりゃあ「働け」「ニート」「かまってちゃん」って言われますよ。
    そこをどう切り返すか?それが出来ていないように思えます。

    ブログやニコ生で共感や人気を得て、生活を支えて欲しい、生業にしたい、と本当に思うのであればもっとエンターテイナーとして精進すべきです。
    まっすぐに心の赴くままを書きたいのであれば、本業(バイトでもなんでも)を持って買いたいものは自分の稼ぎで買うべきです。

    これからブログをどうプロデュースしていくのか腕の見せ所ですよ!

    がんばれ!

  13. 匿名 より:

    モラトリアム全開ですね~

  14. 匿名 より:

    いいから働けよ。

  15. 匿名 より:

    何だかんだみんなコメントつけるから、ほんと優しい人が多い良いブログですね。

    よわはださんの紹介する本はほとんどが自己啓発本。
    社会人を数年するとわかるわかりますが、自信のない新人が読み漁るものです。それで中堅くらいになると自分のやり方・思考ができてくるから自然と読まなくなる。
    よわはださんはやっぱり社会人としてバリバリかっこよく働きたいって自己イメージがあるんでしょうね。
    好きなことで収入を得ようとするなら漫画やアニメ、流行の小説、観光地などを取り上げればもっと効率よくできることをわかっているはずです。
    無理しないで休むことも大切ですよ。