『スプラトゥーン』上手くなりたいなら絶対ジャイロ操作を練習すべし!

ジャイロ操作設定画面

Twitterでちょいちょい、ジャイロ操作に関するリプをもらうので、それだったらこの際記事にしてしまおうと思いました。

最近Twitterのフォロー数も150くらいになり、リプももらえるようになってモチベーションがグググッと上昇中です。リプにこたえきれなくくらいフォロワー増えたら嬉しいっす。

ちなみに、今回の記事の内容は、他のブログやまとめサイトなどでもけっこう既出のものが多いと思いますのでご了承くだされ。(ちなみにトップ画は今の私の設定です)

スポンサーリンク

ジャイロ操作 VS Rスティック操作

はっきり言って、余裕でジャイロ操作の方に軍配が上がります。

A+でもたまーに「この人スティック操作かな?」という動きをする人に出くわしますが、出会うのはホントにまれで、おそらくA+の人はジャイロ操作9.5割、Rスティック操作0.5割ぐらいです。

A+にスティック操作の人が少ないことからも、完全にジャイロ操作の方が有利だと分かるんですよね。

でも、最初は慣れないんですよねー。ゲームを始めた一番最初のチュートリアルがジャイロ操作でしたが、多くの人はこう思ったはず。

「あ、俺この操作無理だわ( ゚д゚)」

食わず嫌い的に速攻でジャイロ機能をOFFにした人も多いと思います。

ですが、うまくなりたい、強くなりたいなら絶対にジャイロ機能の練習をしといて損はしません。というか練習すべきです。

おそらく数時間ジャイロ操作でプレイすれば、今までスティック操作で戦ってきたことがアホらしくなって来るはずですから。

ジャイロ操作のすごいとこ

スティック操作に比べて近距離戦が強い。瞬間的なaimを可能にする

近距離戦になると相手が少し動いただけで照準から大きく外れてしまいます。再度合わせるのがすごく大変なんですよね。

特に、至近距離なんかになると、画面の端から端まで動かさないと合わせられないこともしばしば。

スティック操作だと、合わせようとして照準を動かしている最中に移動され、さらにそれに合わせようとしていると、また逆に移動され・・・、みたいな感じでなかなか照準が合わせられなくなることがあります。

ジャイロだとこれが一瞬で合わせられるんですよ。つまり、無駄な動作が少なくて済むわけです。

「上だ!」「横だ!」「真ん中だ!」と思った時に、感覚的に操作できるので、aimを合わせる時間を短縮できるので、立ち回りの幅がグンと広くなるはず。

とはいっても、至近距離でばったり出会ってしまった時の立ち回りもある程度身につけておかなければなりません。

ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。「至近距離で鉢合わせしてしまった時の立ち回りについて考察!

aimの微調整がスティック操作よりもすごく簡単

スティック操作で素早く照準を合わそうと思えば、カメラ感動を高めなければいけません。それゆえ、微妙に照準を動かしたいときでも動きすぎてしまったりするんですよね。

その点、ジャイロ操作だと”手首を動かす”という感覚的な操作なので、慣れてくれば微調整が思っている以上に簡単です。

もし動きするぎるんであれば、カメラ感度を落とせば良いんですから。スティック操作だとカメラ感度を落とせばaimにかなり時間がかかってしまいますからね。

ジャンプ撃ちをしながら照準を合わせられる

ジャンプボタンとRスティックはともにゲームパッドの右側にあるので、スティック操作だとジャンプとaimが同時に操作できないんですよね。

相手に的を絞らせないためにジャンプしながら撃つという動作は結構あるんですが、スティック操作だとジャンプしながら照準を合わせるのができません。

それに比べジャイロ操作は、ジャンプボタンを押していてもゲームパッドを動かせば照準を合わせられるので、格段にaim力は高くなります。

常に照準を動かせるようにするためにも、ジャイロ操作の練習をしておく方がいいです。

Rスティックを使う機会が減るので誤操作が少ない

スティック操作だと、右親指が結構忙しくてRスティック上で大暴れします。

ときどきスティックを押し込んでいしまってスペシャルが誤作動してしまうんですよね。

ジャイロ操作にすると、Rスティックを使用する頻度もかなり少なくなりますので、スペシャルの誤作動も少なくなります。

こういった些細な点でもジャイロ操作の方が勝るわけです。

感覚的な操作なので上達スピードが速い

ジャイロの良いところは一瞬で照準を合わせられるだけじゃなくて、感覚的な操作を可能とすることです。これが結構上達スピードを速めてくれるんですよ。

要はゲームの操作性に運動が加わるので、やれば絶対に慣れていくんですよ。

サッカーだって、野球だって、テニスだって初めはみんなへたくそなはずですが、練習していればそのうち勝手にうまくなっています。

いつの間にかうまくなってるんですよね。(まあ、うまくならない人も中に入るかもしれませんが、初めに比べれば確実にうまくなってるはず…!)

ジャイロ操作だっておんなじです。やってるうちに勝手にうまくなってます。ジャイロ操作は上達スピードでもスティック操作に勝っているんですよ。

ジャイロ操作の練習方法

次はジャイロ操作の練習方法について解説していきたいと思います。

最初は縦方向だけをジャイロ操作で行う

ジャイロ操作に挑戦したけど諦めてしまう人の多くは、一度にすべての操作をジャイロ操作にしてしまって、難しく感じて挫折してしまう人が多いと思うんですよ。

そこで私も初めに練習したのは、”縦方向だけをジャイロ操作で行う”というものです。

なんで、わざわざ縦方向だけ練習するのかというと、縦方向だけをジャイロ操作にすることによって感覚を掴みやすくなりますし、戦績も極端に悪くなることはありません。

そしてなにより、ジャイロ操作のハードルを下げることによって練習に対するモチベーションを維持できるわけです。目標に対するタスクの細分化ですね。スモールステップの原理を利用しちゃいましょう。

カメラ感度を低くして試しうちでジャイロ操作の感覚を養う

まずは試しうちで、どれくらい動かせばどれくらい動くのかという感覚をつかんでいきましょう。

もちろん最初はカメラ感度を低くしておきます。一番低い感度から徐々に上げていくのがおすすめですが、面倒だという方は-2くらいから始めるといいかもしれません。

んで、どういった練習方法でジャイロ感覚を養うのかというと、わざと的から照準をずらしているところから、クイッとaimする練習をするわけです。

ちなみに、練習にはスプラチャージャーを使うといいですよ。的に照準があっているのか一発で分かりますからね。

たとえば、下の画像のように、的の上に照準をずらしておいて・・・

ジャイロ操作_aim練習

そのあとジャイロ操作でクイッと照準を合わせて撃つ!

ジャイロ操作_aim練習2

こんな感じで感覚をつかんでいくといいです。

最初は上下で練習、慣れてくれば左右も練習、そして最後は斜めの練習という風に段階的に練習するといいですよ。

数十分練習すれば感覚もつかめてくると思うので、次は自分が使う武器で同じように練習してみましょう。

たぶん練習していくうちに「Rスティックよりもめちゃくちゃaim速いじゃん!」ってなると思います。正直、Rスティックには戻れなくなりますよ。

いきなり実践が怖い人はヒーローモードで練習

ある程度ジャイロの感覚がつかめてきたのならさっそく実践に移りましょう。実戦に移るとすごい勢いでジャイロ操作がうまくなります。

いきなりオンライン対戦に行くのが怖いのならヒーローモードでの練習をオススメします。ヒーローモードって結構立ち回りやaimの練習になるように作られているんですよね。

ヒーローモードをやってると、「あぁ、ちゃんとイカセンプクして隠れることを教えてくれるんだなぁ」とか、いろいろと製作者さんの心遣いが見えてきます。

慣れてきたらカメラ感度を上げていく

ジャイロ操作に慣れてきたら少しずつカメラ感度上げて行きましょう。

理論上、カメラ感度が高いほどaimを合わせるのに必要な時間は短くります。まあ、机上の空論でしかないので、自分の得意なカメラ感度を見つけるのが一番いいと思います。

わたしの場合だとカメラ感度+3.5が安定ですね。その日の感覚によって微調整しますけれど。

ちなみに、カメラ感度を上げて行くと、手首を動かすだけで操作がほとんど完結してくるので良いですよ。さほど疲れませんし。

それから、カメラ感度を上げていくと些細な動きがaimに大きな影響を与えてきます。カメラ感度+2くらいになってくると、腕を宙に浮かしている状態だとaimがブレブレになってきます。

オススメの体勢は、あぐらをかいて太ももに腕を当てて固定するという体勢です。腕をどこかに固定することによって、aimのブレガだいぶん少なくなります。わたしは普段この体勢でやってます。

あと、正座して太ももにあてるのもいいと思います。あぐらにつかれた時はこの体制がおすすめです。

ジャイロ操作にすると寝転がってプレイするのは無理になってくるので、どうしても寝転がってやりたいという人は諦めるしかありません…!。

ジャイロに関しては大体こんな感じですね。

スティック操作に比べるとだいぶん立ち回りスピードが速くなりますしできることも増えます。上を目指したいのならジャイロ操作は必修科目ですね。

ではでは、今日も楽しいスプラトゥーン日和を!

↓最近気になってるゲーム…。

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメント

  1. なお より:

    とうやh

  2. えっっっっd より:

    そうなえsっっjんhんj

  3. えっっっっd より:

    そうな

  4. 匿名 より:

    逆に最初からスティックは無理でしたw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。