『スプラトゥーン』武器徹底攻略・考察「ホットブラスター編」:死角の敵に先手を打つ!ホットブラスターの爆発で死角も高低差も攻略しろ!

ホットブラスター

※研究が進んでいない当時の記事ですので参考程度に。

フェス開催中に撮ったので夜使用です!

「死角の敵に先手を打つ!ホットブラスターの爆発で死角も高低差も攻略しろ!」

ホットブラスターと対峙した時、かなりの確率で打ち負けていたので、これをきっかけにホットブラスターを使ってみました。この記事、結構なボリュームあるんですが、それなりに考察しているので、おそらく皆さんに有用な情報がつまってるかと。

後述しますが、上級者向けのイメージが強いホットブラスターは案外初心者にオススメの武器なので、初心者の方も一読するといいとおもいます。

それにしても、殲滅力・制圧力が神がかっているとは聞いていましたが、あんなに強いとは知りませんでした。

やはり爆発が強い。aimが多少ずれてもダメージを与えることができますし、死角の敵もバンバン射抜くことができます。

スポンサーリンク

ホットブラスター:武器の基本情報

ホットブラスターブキ情報

  • 射程 25(試しうちライン1.9本分、実質2.7本分)
  • 攻撃 50 ~ 125damege / 1発
  • 爆発力 70
  • 連射 20
  • インク消費:8%(約12発)
  • サブウェポン:ポイズンボール(インク消費:50)
  • スペシャルウェポン:メガホンレーザー

ホットブラスターには「爆発力」というステータスがついていますが、この爆発がめちゃくちゃ強いんです。ホットブラスターを使いこなしている人は、爆発をうまく使った立ち回りをしています。爆発に関しては、おいおい詳しく解説していきますね。

ホットブラスター塗り範囲

また、ホットブラスターの塗り範囲は特徴的です。正面に撃つと、自分の足元も含め、弾道の真下にインクがきれいに塗られるので、敵インクにはまってしまっても「ジャンプ撃ち → イカで進む → ジャンプ撃ち → イカで進む」を繰り返すことですぐに逃げることができます。

つまり、インクの足場がなくても機動力を保てるので結構攻め込むことができるんですよ。

ポイズンボール

ポイズンボールのエフェクト

サブウェポンはポイズンボールです。着弾するとすぐに爆発するこのサブウェポンは、爆風に触れた敵の移動速度とインク回復速度を減少させます。さらに、被弾した相手はイカセンプクしていてもエフェクトがかかるので位置が特定できます(上の画像の下、見えにくいですが的周辺に矢印のエフェクトが入ってます。)。

メガホンレーザー

メガホンレーザーは、一方向から敵が来ているときや、細長い道に敵がいるときなんかに使うと結構効果的なスペシャルウェポンです。壁や距離の影響は受けないので、相手の死角からズドンと打ち込むことができます。

個人的にはこのスペシャルウェポンはあまり得意ではないのですが、結構これで倒されてる感はあるんですよね。ただ、相手には案外さけられてしまうので慣れが必要な技かもしれません。

以上、ホットブラスターの基本情報ですが、これらを踏まえてホットブラスターの使い方・立ち回りのポイントについて考察していきます。

ホットブラスターの基本的な立ち回りのポイント

立ち回りの中心になるのは、爆発を利用した死角への攻撃、高低差のある敵への攻撃です。そのためにも、まずは爆発の範囲を知る必要があります。

ホットブラスターの爆発範囲

発射した弾が直線状に伸びていき、花火のごとく球状に爆発するのですが、爆発範囲がかなり広いんですよ。んで、どれくらい広いかというと、下のスクショが爆発の範囲ギリギリといったところです。

ホットブラスターの爆発範囲

はい。かなり広いです。悪魔のような広さです。aim力とかいらないんじゃないかと疑うレベルです。この範囲が上下左右360°球状に広がるわけなんですよ。自分で試しうちしててめちゃくちゃ驚きました。

爆発の中心点からどれくらいの範囲に攻撃が届くのか、試しうちで感覚をつかんでおくのがオススメです。軽く5分練習するだけでだいぶん違いますから。

「射程 25」だけど、実際の射程はもっと長い

ホットブラスターの射程ステータスって25しかないんですよね。これって、わかばシューターやプロモデラー、シャープマーカーの32よりも短い。
武器徹底攻略・考察「わかばシューター編」
またまた新ブキ「シャープマーカー」追加!さっそく使ってみたので軽く考察を。

上の参考記事では、わかばシューターの射程は試しうちライン2.1本分、シャープマーカーは2.3本分程度なんですよ。

でも、それよりも射程が短いはずのホットブラスターで実際に試しうちしてみたところ、ライン2.7本分もあったんですよ。下の画像を見てもらうとわかると思います。

ホットブラスターの実質射程

どういうわけかというと、撃った弾自体の届く距離が1.9本分なわけで、残り0.8本分の距離は爆発の半径なんです。

下の画像は、弾を直撃させた時の距離です。爆発前に直撃させるには、ライン二本目よりも少し前に出なければなりません。

ホットブラスターの直撃射程

つまり、「射程 25」という表記は撃った弾自体の射程で、実質の射程は試しうちライン2.7本分という中程度の射程を持つわけなんです。

爆発の中心からの距離とダメージ量の関係

範囲の広さや射程はもちろん重要なんですが、ダメージ量も同じくらい重要なポイントです。

爆発するまでに弾が直撃した場合、125damage与えることができます。おそらく相手がどんだけ防御力アップを積んでいても1撃で仕留められるでしょう。

爆発によるダメージはの中心から離れるほどにダメージ量は減少していきます。いろいろな距離で検証してみたので、距離とダメージ量の関係を見ていきましょう。

ホットブラスターの範囲とダメージの関係1

上の写真は的の少し左側に撃ったものです。ちなみに直撃はさせていません。ですが、爆発によるダメージで100damageを超えています。一撃ですね。(※研究が進んでいない当時の記事ですので参考程度に。)

ホットブラスターの範囲とダメージの関係2

次は、ちょうど一人分くらい横にずれた距離で撃ってみました。ダメージは75.8damage。少し離れると極端にダメージ量は落ちるみたいですね。

ホットブラスターの範囲とダメージの関係3

二人分離れた距離も一応撃ってみました。ダメージ量は59.4damageと、爆発範囲ギリギリに離れたときのダメージと10damageの違いもありません。

どうやらホットブラスターの爆発によるダメージは、距離とともにガクッと下がり、遠い距離になるほどなだらかにダメージ量が減少するようです。

つまり、直撃させる、または1発で倒せる範囲以外だと2発当てなければいけないということです。

爆発を利用して物陰に隠れている敵や高低差のある敵を仕留める

先ほど、射程について考察しましたが、爆発の半径は試しうちライン0.8本分ということがわかりました。(一応、直径3.75mらしいです。)

この爆発を利用して死角にいる敵に攻撃を与えることができるんですよ。

ホットブラスターの爆発の利用

たとえば、物陰に人が隠れているのがわかった場合、画像のように打つことでダメージを与えることができます。

もちろん高低差のある敵にも利用できます。高いところにイカセンプクしていることがわかっていればこんな感じに、

ホットブラスターの爆発の利用2

逆に、低いところで足場が邪魔でうまく攻め込めないときにはこんな感じで、

ホットブラスターの爆発の利用3

とにかくホットブラスターにとって、死角や高低差が多い地形はかなり有利に立ち回れます。ただし、一つ注意点が。。。

それは、爆発する前に地面や壁に当たってしまうと爆発は不発になってしまうということ。だから、軽く下に向いて撃つだけで爆発しなくなったり、範囲が極めて小さくなってしまうんですよね。

不発に終わってしまうと、連射性能の低いホットブラスターは一気に弱くなります。こういう理由もあってホットブラスターって上級者向けのブキなんです。

正直、初心者ってすぐに下向いてしまうクセってありますよね。ホットブラスターは扱いづらさのある武器ですが、下を向いてしまうクセを矯正するという意味で初心者にオススメできる武器なんですよ。

すぐに下向いてしまう初心者の人は、一度使ってみてはいかがでしょうか。

ナワバリバトルでの立ち回り

ホットブラスターの塗り性能は結構低めなので、塗りの役割はほかの人に任せておきましょう。ホットブラスターの役割は主に二つ。

  • 前線でバチバチやり合う
  • 裏に回って相手をかく乱する

タイマン性能はダントツに高いので、とにかく前線でバチバチやりあいましょう。塗るのは手が空いている時だけも良いです。

ホットブラスターはインクの足場がなくても機動力がほとんど落ちないので、簡単に相手の裏に回り込むこともできます。

物陰に隠れていそうな敵は爆発であぶりだすことができますし、裏に回って軽くインクを塗って戻ってくるだけで、相手はそちらを警戒するので結構前線が有利になったりします。

自由奔放に戦場を駆け回りたい人にはびったりの武器です。

ガチエリアでの立ち回り

ガチエリアの立ち回りもナワバリとほとんど変わりません。ガチエリア制圧を担当することもできますし、相手の裏をかいて攪乱することもできます。

正直、味方にチャージャーがいないとき、ガチエリアをホットブラスター二人で守られていると、なかなか攻め込むことができないんですよね。

突っ込んでは死に、突っ込んでは死んでいく味方を見ていると悲しくなってきます(笑)
もちろん私も一緒になって死にますが・・・。

ガチエリアでのホットブラスターは強武器となってるので、ガチエリアで勝てない人はホットブラスターを練習してみてはいかがでしょうか。

ホットブラスターと相性の良いギア

攻撃力アップ

相性のいいギアは断然攻撃力アップです。なんでかっていうと、爆発によるダメージの最低ダメージは50damageなので、もし相手が防御力アップをサブに偶然ついていただけでも、ヘタすると倒すのに3発かかるんですよ。

爆発を利用して死角にいる敵や高低差のある敵に攻撃しようと思っても、3発かかるとなると逃げ切られる可能性が半端なく高まります。それどころか、反撃を食らってしまいます。

連射性能は貧弱なので、確実に2発で仕留めるためにも攻撃力アップを+1にはしておきたいところ。

それから、攻撃力アップに関してもひとつ検証をしてみました。

攻撃力アップによる1撃で仕留められる範囲の変化

攻撃力アップに関して気になったのは、それによって「1発で仕留められる範囲がどれくらい変化するのか」ということです。

ホットブラスター_攻撃力アップ比較

左から攻撃力アップ+0~+3です。攻撃力アップをつけない場合、爆発によるダメージで1発で仕留められる範囲は、的のほんの一回り外だけでした。

ちょっとわかりずらいですが、攻撃力アップをつけるたびに少しずつ距離が延び、+0と+3では1発で仕留められる範囲の体感に大きな違いがあります。

個人的な感触では+0から+1の違いが大きめに感じました。こういった理由もあるので、敵の防御力アップ対策として「攻撃力アップ+1」にしておくのはかなり賢明な選択です。

以上、ホットブラスターの武器徹底攻略・考察でした!参考になればうれしいです!

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメント

  1. スプラトゥーンだいだいだい大好き より:

    私は、ホットブラスターよりロングブラスター、Rブラスターエリートの方が使いやすいです~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。