まだ3大キャリアと契約してるんですか?断然MVNO(格安SIM)の方が安いですよ。

まだ3大キャリアと契約していて、月々7000円近くものスマホ代を払っている方々には必読の記事です。一か月の通信量が10GBを超えていないのならこの記事を読まないと確実に損しますよ。

はっきりと言ってしまうと早く解約して新しいMVNO(格安SIM)と契約した方が良いです。MVNOには圧倒的な料金の安さがあります。軽く月々4000円近く、またはそれ以上安くなりますからね。

安いとは言っても、MVNOに関して全然詳しくない人もいるはず。まずはMVNO(格安SIM)と3大キャリアのプランがどう違うのかについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

月額料金が圧倒的に安いのにプランがシンプルで縛りもない!

mineoの月額料金

MVNOの何がいいのかというと、月額料金が圧倒的に安いんですよね。

上の画像を見てください。私が契約しているmineoの月額料金ですが、3大キャリアに比べると圧倒的な安さがあります。

しかもプランが非常にシンプルなのもMVNOの特徴です。スマホの契約と聞くと、ものすごく複雑そうで面倒なイメージがありますよね。

3大キャリアなんかだと、基本使用料、パケット通信料定額サービス、インターネット接続サービス、家族割、誰でも割、2年割、毎月割etc…。みたいな感じで、ものすごく分かりにくいですよね。

ところが、MVNOのプランは非常にシンプルなんですよ。基本使用料とかインターネット接続サービスや○○割みたいな概念はなく、基本的にはデータ容量に応じた通信料金に音声機能(電話機能)をつけるかどうかだけで月額料金が決まります。

私が契約している「mineo(マイネオ)」には家族割などの割引サービスがいくつかありますが、3大キャリアに比べるとサービス内容もスリムで非常にシンプルです。分かりにくいオプションなどは特にはありません。

あと、3大キャリアだと自動で付けられてしまうキャリアメールの費用(インターネット接続サービス)なんかも必要無いのでその分の料金も安くなっています。

今時キャリアメール使う人なんてめったにいないんじゃないでしょうか。友人や家族との連絡はLINEで十分だし、GmailやYahooメールが無料で簡単に複数とれちゃいますからね。

そもそも、3大キャリアがどうして分かりにくいのかというと、細かい割引サービスが多すぎるからなんですよね。

以前契約していたのがauなので、auのサービスを例に挙げますが、2年割、毎月割、au通話定額24、通話ワイド24、家族割などとにかくサービスの種類が多いし細かいので、調べるだけでもすんごく面倒なんですよね。auショップの店員でもうまく説明できなかったりするのに、利用者の私たちがすべてを知り尽くせるわけがありません。

結局、どのサービスをピックアップすれば一番価格が安くなるかを比較するだけでめちゃくちゃ時間かかってしまいます。現代人はそんなに暇ではありません。

さらに、大手キャリアは2年縛りや1年縛りが多くて自由がきかないんですよ。

たとえばauの「誰でも割」がそうです。これなんかは2年にひと月しか更新月がなく、その更新月以外の解約だと9,500円の違約金を取られてしまいます。しかも、この更新月を逃すと自動でサービスが更新されて、次の更新月までの2年間は解約しようとするとまた違約金がかかる期間になってしまいます。

MVNO(格安SIM)はそういった違約金が発生しないものや、違約金が発生する期間があるにしても契約してから6か月以内だけだったりするので、解約して新しく他のMVNO(格安SIM)と契約したい時に非常にストレスフリーです。自由度が違いすぎるんですよね。

ちなみに、私が契約した「mineo(マイネオ)」も違約金が発生しないMVNO(格安SIM)の一つです。

とにかく、今までの大手キャリアは新しい競争力が出てこないことに味をしめ、こういったいやらしい販売手法を用いて今まで顧客をつなぎとめてきていたんですよね。今ではMVNO(格安SIM)の出現のおかげで違約金制度に変化が出つつありますが、それにしてもMVNO(格安SIM)の方が断然自由度は高いです。

どこのMVNO(格安SIM)と契約すればいいの!?

MVNO(格安SIM)と契約した方が良いとは言っても、実際「MVNO」で検索をかけるといろいろなMVNO(格安SIM)が出てきます。

んで、ほとんどの人はMVNOの種類の多さに圧倒されて挫折してしまうんですよね。

ですので、数多くあるMVNO(格安SIM)の中で、どのように選べばいいのか迷わないように、軽い方針みたいなものを書いていきたいと思います。

データ容量が同じなら月額料金にさほど差はない

実は、MVNO(格安SIM)は本当に数多くあるんですが、データ容量が同じならどこのMVNOもほとんど料金に差はないんですよね。100円前後といったところでしょう。どれだけあったとしても数百円程度です。

例えば、データ容量が3GBならほとんどのMVNOの月額料金は税込972円/月(15年10月現在)くらいです。これに音声機能(電話機能)をつけると大体1700円/月前後になります。

このように価格にほとんど差はないので、他の点でMVNOを選ぶべきですね。

データ容量で選ぶ

MVNOによってはデータ容量のプランが5GBまでしかなかったりします。

大抵は7GBや10GBまで用意しているところが多いのですが、月々たくさんのデータ通信を行う人は、データ容量の大きいプランを取り扱っているMVNOを選ぶようにしましょう。

料金に差が無いのならば速度で選ぶ

やっぱり決め手は通信速度です。

格安SIMによる通信というのは、MVNOの利用者が多ければ多いほど速度が低下していきます。同じ回線でも多くの人が利用すれば、一人当たりの仕える帯域が減少しますからね。これに関しては、皆さんも直感的にわかると思います。

だから、格安SIM関連では速度比較の記事が非常に多いんですよね。

私がMVNO(格安SIM)を選んだときは、下り速度に関して下記のサイトの数値を参考にしました。
MVNOナビ!:格安SIMの速度を計測!最新情報を随時更新!

後述しますが、私も実際に速度を測ったのでそちらも合わせて参考にしてみてください。

私が契約したのはmineo ドコモプランの3GB!

私が今回契約したMVNO(格安SIM)は「mineo(マイネオ)」です。mineoのドコモプランの3GBのプランを選択しました。

mineoの月額料金

基本的に自宅ではWifiを使っていて通信容量はそこまでかさばらないので、3GBというミドルな容量のプランを選択しました。正直、1GBのプランも選択肢にはあったのですが、さすがに月のデータ通信の限度が1GBだと、不意にオーバーしてしまいそうな不安があったので3GBを選択しました。

音声通話の機能ももちろん必要なので、デュアルタイプ3GBです。※デュアルタイプといってもSIMカードは1枚なので勘違いしないようにしましょう!

ちなみに、SIMカードには下の画像のように種類があります。

SIMカード種類

どのSIMカードを選ぶかは端末に依存するので、事前に調べておきましょう。mineoのサイトに動作確認端末一覧があるのでそこで調べることができますよ。

mineo ドコモプランの通信速度(下り速度)

ここからが記事の本番ともいえる、mineo(マイネオ) Dプランの実際に測った下り速度について書いていきます。

速度に関しては、格安SIMでは以下の速度くらい出ていれば問題ないようです。

個人的には、格安SIMでは12時台のピークの時間帯に下り1Mbps以上、夕方以降のピーク時間帯とピーク時間帯以外で3Mbpsの速度が出ていれば、快適に使えるものとしています。空いてる時間帯に下り20Mbpsの速度が出たとしても、ピーク時間帯に極端に速度低下が起こってしまえば、快適な回線とは言えません。

格安SIMの速度を計測!最新情報を随時更新!

下り、上りがよくわからない人は下り速度が通信速度だと考えて問題ありません。

今回速度を測定した場所は私の自宅です。MVNOの通信速度の低下はMVNO側の帯域の不足によるものが主な原因なので、測定場所が同じあれば時間帯による通信速度の違いを見ることができます。

んで、どれくらいの速度が出ればどれくらいの体感なのかはこちらのサイトを参考にしてみてください。Mbpsについての説明や体感の目安について書かれてあります。基本的に5Mbpsもあればストレスを感じることなくブラウジングができますよ。

これから貼っていく画像の「ダウンロード中」が下り速度、「アップロード」が上り速度を示しています。

平日のお昼 12時半ごろの速度

20151027火-1229_mineoDプラン通信速度

20151028水-1230_mineoDプラン通信速度

平日の12時半あたりは、仕事の休憩や昼食の時間なのでスマホをいじる人が増えるので、比較的回線が混雑しやすい時間帯です。

それにもかかわらず、それなのに大体5Mbpsくらい出ています。平日のお昼の混雑時は余裕でサクサク動きそうです。

休日のお昼 12時半ごろの速度

20151024土-1231_mineoDプラン通信速度

20151025日-1239_mineoDプラン通信速度

24日(土)は4Mbps強くらいしか速度が出ていませんが、25日(日)は11.27Mbpsという混雑時にも驚異的な速度をたたき出しています。

平日でも休日でもお昼の時間はストレスフリーでブラウジング、動画視聴ができそうですね。

平日の15時ごろの速度

20151026月-1510_mineoDプラン通信速度

15時あたりは回線が込んでいない時間帯です。

月曜日の15時過ぎに速度を測ってみましたが、下り速度が17.63Mbpsも出ています。全く問題ないですね。

休日の15時ごろの速度

20151025日-1501_mineoDプラン通信速度

日曜日の15時の速度測定ですが、目を疑いました(笑) 25.92Mbpsも出ているんですよ。

平日の同じ時間帯よりも高い数字をたたき出しています。

お昼の混雑時でも快適な数値を出していたので、空いている時間帯も余裕で快適なようですね。

平日の19時台の速度

20151023金-1909_mineoDプラン通信速度

20151028水-1913_mineoDプラン通信速度

19時台は夕方以降の回線の込み具合がピークの時間帯です。

上側の画像の23日は金曜日なので、同じピークでもかなり混雑が予想されたので、「2Mbpsくらいかな?」と思っていたところ3.73Mbpsもの速度を出してくれました。かなり回線が混雑していると思われる時間帯でも、まだまだ快適な数字を出してくれています。

下側の画像は同じ時間帯の水曜日のものですが、こちらは金曜日とは打って変わって26.59Mbpsという意味不明な数字を出しています。正しく測れなかったと思ったので5分ほどおいてもう一度測ってみたのですが、同じくらいの速度だったので、おそらく普通に快適なんだと思います。実際にYoutubeを視聴してみましたが動画も途中で止まることなく、難なく視聴することができました。

19時台のピークでも余裕で快適ということが分かりますね。

休日の19時台の速度

20151025日-1929_mineoDプラン通信速度

休日の19時台は平日とは打って変わって、20.19Mbpsというかなり快適な数字を出していました。

ここまで来るともうどの時間帯でも快適なんじゃないかと思います。

おまけ:金曜日の22時台

20151023金-2200_mineoDプラン通信速度

金曜日の22時台は、明日休みの人が多いので長くブラウジングしている人が多くかなり混雑が予想される時間帯です。

ですが、やはり、3Mbps以上の数字を出していて普通に快適なレベルです。

mineo ドコモプランのまとめ

様々な混雑が予想される時間帯と、空いている時間帯で速度を測ってみましたが、私が測定した限りでは一度も3Mbpsを切ることはありませんでした。

ですので、基本的にはどの時間帯でも、mineo ドコモプランのサービスは快適なブラウジングと動画視聴を私たちに提供してくれるということが分かりますね。

はっきり言って、mineoはかなりオススメのMVNO(格安SIM)なので、さっさと大手キャリアを解約してこちらのサービスに移った方が良いですよ。毎月あんまりデータ通信行わないのに、スマホ代で毎月7000円近く払ってるなんて、本当に損しかしていませんからね。

mineo(マイネオ) Dプランは5GBまでしかプランがありませんが、DMM mobileはなんと20GBまでのプランがあります。まあ20GBのプランは単価が高いので10GBまでがオススメですね。

ちなみに、mineoは現在キャンペーンをやっていて、10月31日までに契約すると最大で30か月も月額料金を800円(税抜)割り引いてくれます。最低でも6か月の割引がききますので早めの検討を。

気になる方は下の広告からキャンペーンのページに飛んで行っちゃってください。

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。