『スプラトゥーン』広場で出会った面白いMiiverseを紹介するよ! part 2

前回の面白Miiverseの記事が意外と読まれていたみたいで、好評だったので2回目もやろうかと思います。

それにしても本当に皆さん絵、うまいですよね。タッチペンでめちゃくちゃ描きにくいのに表現豊かすぎますよホント。

スポンサーリンク

広場で出会った面白いMiiverseをご紹介!

今日も5つほど紹介します。毎回5つずつ紹介していこうかな。キリもいいですしね。

私が塗る役するのでどうぞ潜っててください

イカニンジャで隠れてる

なんでしょう。あんなに可愛らしいはずのイカたちがものすごくシュールです。シュールさが怒涛のごとく押し寄せてきます。画面越しからでもビンビン伝わってきます。

「は、はい。私が塗るのでどうぞイカセンプクで奇襲をしてください(震)。」

と、頭を下げたくなるような威圧感。もうイカとは別の何かですね。

ですが、イカニンジャ先輩、潜るのもいいですがきっちり前線キープもしてください。潜ってばっかりだと、はっきり言って足手まといです(笑)。

アミーボほしい。

アミーボ欲しい

物悲しさをひどく含蓄したような眼差し。

その中に見え隠れする物欲には、手を伸ばしても決して届かぬ遠い存在であることが、静かな水面に落ちた滴の波紋するごとく伝わってきます。

欲しても手に入ることのないその真実を受け止めた末の境地。私もきっと同じ目をしていることでしょう。

「ああ、amiiboよ。どうしていつまでたってもプレミア価格なんだ・・・。」

しかも、以前よりもさらに手の届かない価格になってる。早く適正価格に戻って欲しい今日この頃です。

イカかわいい

イカかわいい

ただ単に、ものすごく絵がうまいと感じたのでブログに上げたいなと。かわいいです(*´ω`)。

いえいえ、私ロリじゃありませんからね!絶対ロリじゃないですからね!

「良いですか?絶対にロリじゃありませんから(*´ω`)!!!」

インクリング界のゴルゴ13

インクリング界のゴルゴ13

イカニンジャに続いて、これまたさらにシュールな絵。

完全にインクリング界のゴルゴ13じゃないですか!この眼光ににらまれたら最後、訪れるのは敵インクをぶちまけてとけるという結末のみです。

いやー、生粋のチャージャーの私からしてもこの領域に達することはないでしょうね。どんな状況にも決して動じない、圧倒的な経験から生まれるポーカーフェイス。何年修行積んでんだよという話ですよ。

スナイパーのすべてを悟ったような顔をしてます。雰囲気出てます。

本当の戦いはこれから

本当の戦いはこれから

ランク20、おめでとうございます。ですが、そんなあなたにひとこと言いたい。

「本当の戦いはこれからですよ。」

わたしもランク20になったころはものすごくうれしかったです。しかしガチ勢には全く歯が立たなかった。

最初はB-とBの間をさまよい、その次はA-とAの間をさまよい、そしてやっとのことでA+99の高みへ到達しました。

本当に面白いのはこれからなんです。ナワバリバトルだと立ち回りをあんまり意識することはありませんがガチマッチだと立ち回りが勝敗を分けます。その立ち回りを工夫するのが面白いんですよ。

うまく奇襲できたときの爽快感はいつまでたっても病み付きです。

「A+の高みで待ってます(`・ω・´)キリッ!」

今回のMiiverse紹介は以上です。まだまだスクリーンショット溜まってるので楽しみにしててください!

ではでは、今日も楽しいスプラトゥーン日和を!

次の記事:面白Miiverse Part 3はこちら!

↓最近私が気になってるゲームです。

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。