『スプラトゥーン』広場で出会った面白いMiiverseを紹介するよ! part 3

前の記事:面白Miiverse Part 2はこちら!

ガチヤグラが追加されたので必死こいて攻略しつつテンションハイのよわはだです。

新ルールが追加されたのもつかの間、本日15時からフェスですね!もうちょっとガチヤグラを楽しみたかった感はありますが、フェスもそれに負けじと楽しみです。

現在スクイックリンでA+99目指して攻略してますが、さすがにフェスはスクイックリンでは戦いません。負けると悔しいですからね。.96ガロン、スプラローラーコラボのリアル本気でたぬき派をフルボッコしてやる予定です(笑)

チャージャーの方が好きだけど、正直、勝率が高いのはこの二つのブキですからね。

まあ、こんな前振りは置いておいて今日も面白Miiverseを紹介しますよー。

スポンサーリンク

え?カップ麺にも出会い?

カップ麺にも出会い

この絵、何か違和感を感じるかと思えば、食べているのがパンではなくカップ麺じゃないですか。アニメや漫画、はたまたラノベのワンシーンでありそうな場面です。

ある日、私は期末テスト初日に遅刻をした。
さすがに朝食を抜くのはテストに影響に出ると思い、制服に着替えつつ急いでお湯を沸かし、週5日は食べている”赤いきつね”に湯を注ぐ。

「行ってきまーす。」

私は勢い良く駆け出した。

「確か、学校までは走って10分だったわ。赤いきつねなら5分で間食できるからちょうどだわ。」

私の計算は完ぺきだった。でも、この日を境に私の運命の歯車は動き出した。
ちょうど5分経った目安である電柱を走り抜けると同時に、手際よく蓋を開け、割り箸を歯で挟んで軽快な音と共に割る。一口すすろうとしたその時、曲がり角で同じ制服の見知らぬ学生とぶつかった。

「うわ!」
「いってぇ!」

お互い尻餅ををついた。

「ああ、カップ麺は無事だ。」

よかった、制服にダシはかかっていない。
しかし一安心したのもつかの間、見上げると空中には分厚いソフトで甘口な揚げとほどよくダシを吸い込んだサクサクの天ぷらが舞っていた。なんとぶつかった相手は”緑のたぬき”を食べていたのだ。
すごくスローモーションな時間が流れ、どうすることもできないまま見上げていたが、あろうことかお互いの揚げと天ぷらがお互いのカップの中に着地した。

「あっ・・・。」

目の前に起きた状況を目の前に、お互いが目を見合わせながらボソッと声を漏らした。

そう。このときから私と彼の運命の歯車は動き出した・・・。

作:よわはだ

「いや、無い!カップ麺がきっかけの出会いを題材にしたラブコメなんて絶対にない!」

うん。こんな出会い誰も求めてません。それにぶつかったらやけどは必至です。それに、走りながらすするってめっちゃしんどいじゃないですか。気管にダシが入ってむせますよこれ。

どんなにかわいくても、カップ麺が出会いのきっかけなんて嫌です。少なくとも私は・・・。

揚げラッシュ

揚げラッシュ

これ、投げる方も熱くありません?

ですが、揚げラッシュの効果は絶大です。なんせ、甘い味付けでソフトなごく厚の揚げを目の前にしたたぬき勢は、完全にそっちに目を取られきつね派の私たちに裏を取られて倒される運命にあるんですから。

ボムラッシュ考えた人天才ですね。

揚げのおいしさを悟ったたぬき派は完全にきつね派に寝返るでしょう。

これできつね派の勝利は間違いないっすね。

既視感・・・。

やっぱりヤグラ100人乗っても大丈夫!

ヤグラ?え、イナバじゃなくて?といいたいところですが、こんなことを言ったら、

「キミ、ヤグラしらないの? え?それマジ?いまどき知っとかないとヤバいよ。あー、ヤバいのになー。え?教えてほしい?今時、知らない人がいたなんてなー。オレなんて、3年前から有名になるって分かってたけどなー。by ミサワ」

と返されてしまいそうです。

というか、あのヤグラに100人乗るの無理でしょ。頑張ってせいぜい20人だよ!

スパジャンはよ!

スパジャンはよっ!

ガチエリアの時間終了間際にトルネード・・・(笑)。この気持ちめっちゃわかります(笑)

それにしても、目の血走り具合と、インクの汗が「はよっ!」感をいい感じに演出してますね。個人的にはものすごく好きな絵です。

終了間際のトルネードってめちゃ強ですよね。勝っている場合は、延長戦をすぐに終わらせることができるし、負けているときは無理やり延長戦に持っていくこともできますしね。

やっぱガチエリアのトルネードは強い。何度も悔しい思いをさせられました。

ローラーサンドイッチ

ローラーサンドイッチ

これ、私もありましたよ・・・!

イカセンプクしてて奇襲しようと思ったら両サイドからローラーが来てどうにもこうにも逃げられなくなったこと。まさに絶体絶命です。ちなみに、Miiverseの漢字、間違ってます(笑)

絵の絶望感もさることながら、プレイしている本人の絶望感はこれを上回るものがあるでしょう。もう死を半分受け入れてるような目をしていることでしょう。

うん。ご愁傷様です・・・。

今回はこの辺で。お昼ごろにも予約投稿しているので続きは下のリンクから!

次の記事:面白Miiverse Part4はこちらから!

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメント

  1. 匿名 より:

    ある意味”絶対絶命”だな……

  2. 匿名 より:

    スパジャンじゃなくてトルネードでは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。