まだインスタントコーヒー飲んでるの?レギュラーコーヒーめちゃくちゃ美味しいですよ。

コーヒー豆

私がコーヒー飲み始めたころは、正直あまり好きではなかったんですよね。インスタントコーヒーもレギュラーコーヒーも変わらんだろうって思ってました。そもそも、嗜好品というよりかは眠気覚ましとしてコーヒーを飲んでいましたし。今思えばなんてコーヒーに失礼なことでしょう。

そんなコーヒー好きではなかった私ですが、友人にレギュラーコーヒーを淹れてもらってからは、コーヒー好きの一人になっちゃったんですよね。

旧ブログの「デスクワークにオススメの飲み物」を書いている時に、そういえば「コーヒーの淹れ方自分で調べたことないや」と思ったのがこの記事を書こうと思ったきっかけです。

やはり、なんでも自分で調べると新しい発見がありますね。 

スポンサーリンク

レギュラーコーヒーの美味しい淹れ方

そもそもレギュラーコーヒーってなんでしょう。コーヒー初心者の私はそこからでした。

レギュラーコーヒーというのは、豆を挽いてフィルターを使って香りとコクを抽出しながら淹れるコーヒーのことをいいます。なんか挽いて淹れるってだけでプロ感でちゃいますよね。

インスタントコーヒーと比べると、はっきり言ってコーヒー初心者の私が飲んでもその違いが分かるほどです。インスタントコーヒーとは比べ物にならないくらい美味しいです。コーヒー好きの皆さんなら私の言ってることに共感してくれるはず!

もうインスタントは雑味が多くて飲めません(;´・ω・) 飲むとしても完全に眠気覚ましですね。

用意するものは以下のモノ。

豆とフィルターとドリッパー

  • コーヒーフィルター
  • ドリッパー

この三つだけです。ドリッパーとかコーヒーフィルターとか聞いちゃうとハードル上がるかもしれませんが、豆はすでに挽いてあるものがお店で売られてますし、コーヒーフィルターとドリッパーは100均に売っています。

私が使っているコーヒーフィルターとドリッパーも100均で買いました。 

ちなみにアマゾンで一番人気のコーヒーフィルタはこちら(15年10月現在)

ドリッパーはこちらが人気みたいです。(15年10月現在)

豆の分量

まずは豆の分量から計りましょう。一般的には1杯分(140cc)あたり10~12gが基本の分量です。

が!

私の感覚では、これだと濃すぎるので、一般的な量の半量の6gでいつも計っています。

しかも、使っているマグカップが260ccくらい入るので、1杯(260cc)あたりたった6gしか使っていません。どうやら私はかなり薄めのコーヒーが好きみたいですね。

あと、 豆の挽き方によっても濃さが変わってくるので豆の分量も変わってきます。粗く挽いてる豆だと少し多めに、細かく引いてる豆だと少なめ位がちょうど良いんじゃないでしょうか。

この辺は、自分でコーヒーを淹れるうちに好きな挽き方・好きな分量っていうのは自然と分かってきます。

最初は楽しみながらコーヒーを淹れるのがおいしく淹れるコツですね。なんでも楽しまないと損しちゃいますからね。 

フィルターのセットの仕方

フィルターにも実はセットの仕方があるんですね。って言っても超簡単です。5秒あればできちゃいます。

こちらは1~2人前用のフィルター。フィルターは淹れる人数分に合うフィルターを選んでくださいね。 

コーヒーフィルター1

次に側面を手前側に折ります。
コーヒーフィルター2

底面を向こう側に折ります。
コーヒーフィルター3

後は開いてドリッパーにセットするだけです。できるだけぴったりはめてくださいね。

お湯の温度

お湯が沸騰し終わって火を止め少しボコボコがおさまったくらい温度がちょうど良い温度です。(95℃前後)

このまま淹れても良いんですが、ワンランク上の淹れ方をしたい場合は、ドリッパーやサーバー(淹れたコーヒーを貯める抽出器具)を温めておくと良いみたいですよ。ちなみに、私はここの違いがよく分からなかったのであんまりしていません。

あとはお水にこだわるくらいでしょうか。初心者の私はもちろん水道水ですね!次はいよいよ本番です。美味しく淹れましょう!

豆を蒸らす

20ccほどのお湯で豆全体を蒸らします。少量のお湯で豆にお湯が均一にいきわたるようにしましょう。大体20~30秒くらいで蒸らしは完了です。

やってみるとわかりますが、お湯をかけると挽いた豆が膨らみます。これは豆に含まれるガスが抜けていっているからなんですよね。

ガスを抜くことでお湯と豆の馴染み具合が良くなって香りとコクが抽出されやすくなります。やりすぎると香りと味のバランスが悪くなりますのでやり過ぎは注意です。

皆さんも溜まってるガスを抜くとスッキリしますよね。大体そんな感じです。

抽出する

豆の真ん中あたり「の」の字を描くようにお湯を注ぎます。壁の側面からお湯を注ぐなんてもってのほかですよ。

慣れてきたら抽出される量とそそぐ量を同じくらいにしてみましょう。こうすることで、より一層おいしく淹れられますね。 

まとめ

 詳しくはこちらのサイトに載っていますので、ぜひご閲覧を。

レギュラーコーヒーのいれ方」 

いつも淹れているコーヒーもちょっとした工夫で美味しくなります。

雑味が少なくなってクリアになりますし、香りもコクも一段と深くなりますよ。

ちなみに、挽いてある豆は冷凍保存すると少しですが味の品質を保てます。ですけど、開封後は長くても1か月以内に飲んでしまいましょう。少しずつ酸味が出てきちゃいますので。

まぁ、酸味もコーヒーのおいしさの一つですけど、酸味のあるコーヒーって個人的にあんまり美味しく感じないですよね。 

酸味を楽しめる人は上級者だと思っています。

みなさんもインスタントコーヒーを卒業して、レギュラーコーヒーで楽しいコーヒーライフを楽しんじゃってください。

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメント

  1. 匿名 より:

    焙煎して飲むと、また、格別ですよー

  2. なつめ より:

    このAmazonで人気というコーヒーフィルタは円錐形なので、あまり一般的ではない円錐形のドリッパーにしかフィットせず、万人にはおすすめできないですね。

  3. やま より:

    いつも紅茶を飲んでいるイメージがあったんですけど、コーヒー好きだったんですね!
    淹れ方参考にさせていただきます。
    すでにご存じかもしれませんが、ジュピターというお店でいろんな種類の豆がけっこう安価で入手できるのでオススメです。(岡山にも店舗あるようです!)

  4. 砂糖 より:

    コーヒー最近飲める様になったので是非試して見ます(・ω・`)!

  5. つぼちー より:

    勝者の一杯ですね❗

  6. As より:

    よわはださん、この前断念したスプラチャージャー(スコープ)のカンストもやってほしいです、お願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。