【スプラトゥーン】ホッケふ頭の狙撃ポイントをご紹介!Part1【チャージャー】

今日はホッケふ頭の狙撃ポイントについて書こうと思います。

基本的に、いままでに書いた「壁出し撃ち(ウォールショット)」「ジャンプ撃ち」「チャージ中のジャンプするテク」を知っている前提で書くので、まだ読んでいない人はこちらを先に読むと分かりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

ホッケふ頭の押された時のチャージャー狙撃ポイント

今回は押された時のチャージャー狙撃ポイントについて考察していこうと思います。

ホッケふ頭は前線を押されると打開がしにくいステージの一つです。前線を押された場合、正面の二つの通路から攻めるのはかなり危険です。

ホッケふ頭_ジャンプ

なんでかというと、上の画像のように相手チャージャーからはこちらの居場所が分かりやすいのに対して、こちらからは相手のチャージャーの位置が分かりづらいからです。

こうなると、右体出しも左体出しも関係なくなってしまいます。実際、正面の二つの通路から打開しようとすると撃たれやすいです。

となると、残るは右高台か左高台からの狙撃となります。今回はその狙撃ポイントについてみていきましょう。

ポイント①:自陣右高台の右

狙撃ポイント_ホッケふ頭1

自陣の右高台の右側からは、マップ中央の右通路から侵入してくる敵や、横通路1段目に隠れている敵を狙撃することができます。

ここの狙撃ポイントのメリットは視野が広いことです。上の画像ではかなり視野が狭いですが、実はチャージ中のジャンプを利用すると、下の画像のように自陣広場全体を見渡すことができます。

狙撃ポイント_ホッケふ頭1-2

壁の上がガラス板なので広場が一目で確認できるんですよね。

自陣広場に敵がいるのを確認できた場合、下の画像の場所に移動すると、狙撃できる範囲がかなり広がります。

狙撃ポイント_ホッケふ頭2

このポジションなら、相手チャージャーはある程度危険をかえりみないと攻撃できない場所なので、比較的相手チャージャーからは狙撃されません。それに、射程の長いシューター以外からは曲射でしか攻撃が届かないので比較的安全に狙撃することができます。

案外狙撃できる範囲が広いので、個人的には好きな狙撃ポイントです。自陣側の二つの通路を押さえているシールド持ちの敵を後ろから狙撃することができます。

ですが、ガチエリアではエリアにあんまり関与できないので、その分キルを取らなければならないポジションでもあります。

とはいっても、ガチエリアではこの広場に2つのバルーンがあるので、何回か狙撃を失敗するとバルーンに隠れられたり、ボムを投げられたり、撃ってきたりするので、あんまり長居するべき場所ではないですね。

狙撃に失敗した場合は、すぐにポジションを変えて相手に居場所を知られないように立ち回りましょう。

ポイント②:自陣右高台の左

狙撃ポイント_ホッケふ頭3

ここの狙撃ポイントはあんまり良いポジションではありません。というのも、エリアに関与できないにもかかわらず、あまり狙撃できる範囲が広くないからです。

体をあまり出さずに狙撃できるのは、画像赤丸のガチエリア側の通路くらいです。ちなみに、狙撃するのなら必ず画像のポジションからにしましょう。

ときどき白の点線の場所から狙撃する人います。確かに狙撃できる範囲が広いのですが、左体出しで不利だし頭も出過ぎて、チャージャーだけでなくシューターのカモになるのであんまりオススメしません。

先ほどのポイント①にいる時に、相手チャージャーがこちらを積極的に狙ってきているのなら、こちらのポジションから赤丸の場所に体をたくさん出したチャージャーを狙撃することができます。

それ以外はあんまり活用法のないポジションと言えます。とにかく狙撃できる範囲が少ないのであんまり長居したくないポジションですね。

今回はこの辺にしておきます(記事を書いている途中に眠たくなってしまったのはここだけの話(笑))。

まぁ、小分けにした方が継続しやすいですし、気軽に記事を書けますしね。

次回は、前線の押された時の狙撃ポイントの自陣左高台についての記事を書こうと思います。

ではでは、今日も楽しいスプラトゥーン日和を!

次の記事:ホッケふ頭の狙撃ポイントをご紹介!Part2

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメント

  1. 匿名 より:

    ハコフグ苦手なので有り難いです(;_;)

  2. つぼちー より:

    狙撃ポイントはありがたいです。他のステージもお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。