【スプラトゥーン】ホッケふ頭の狙撃ポイントをご紹介!Part5

前の記事:ホッケふ頭の狙撃ポイントをご紹介!Part4

この記事は下の3つの記事を読んでから読むのがオススメ!

スポンサーリンク

ホッケのふ頭の前線を押しているときの狙撃ポイント

前回に引き続き、前線を押しているときの狙撃ポイントについて書いていこうかと思います。

今回は主に左側に関する狙撃ポイントをご紹介&考察していきますね。

狙撃ポイント⑩:横通路2段中央

狙撃ポイント_ホッケふ頭13

ここからの狙撃は敵の左高台からくる敵をを狙撃することができます。

上の画像では、視界にはコンテナに隠れて左高台が見えませんが、これもカメラをうまく回せばチャージしながら敵の位置を確認できるので、チャージし始める時にカメラをうまく操作して確認しておきましょう。

ちなみに、上の画像の状態でいい感じに左高台に射線が通っています。これくらい体を出さなくても射線を通すことができるので、この辺はしっかりとウォールショットの練習はしておくようにしましょう。

狙撃ポイント_ホッケふ頭14

上の画像のようにもう一段前のくぼみに入って左高台を攻撃することも可能ですが、ここからの狙撃は下の画像のように敵右高台の左側にいるチャージャーからの射線が通ってしまうので、意外と安全ではありません。

狙撃ポイント_ホッケふ頭14-2

ですので、くぼみに入って狙撃するよりも中央通路のところから左高台を狙撃した方が安全です。

前線を押しているので敵がいきなり攻撃してくることもないのでくぼみに入るよりも比較的安全なんですよね。

狙撃ポイント⑪:敵右通路

狙撃ポイント_ホッケふ頭15

敵チャージャーを処理できた後は敵通路を見るのがかなり強いです。

かなり奥まで狙撃できますし、シールドを張られてもすぐにシールドを壊せるので、味方のシールドもちが相手を追い込むことができます。

とはいっても、左右の高台からの攻撃に非常に弱いので、長居できる場所ではありません。

このポジションは敵チャージャーが左右の高台にいない状態、かつ敵シューターが正面二つの敵通路に固まっているときにとるべきポジションです。

それ以外の時にこのポジションに入ると、簡単に左右の高台から広場に入られて、背後を取られてしまうので注意です。

それからもう一つ注意点ですが、コンテナに密着し過ぎると黄色のバーに引っかかってウォールショットがうまくできないので注意しておきましょう。

狙撃ポイント⑫:敵左通路

狙撃ポイント_ホッケふ頭16

基本的に、敵左通路を見る時の注意すべきポイントも狙撃ポイント⑪の敵右通路と同じです。

左通路を見るときも右出し撃ちを忘れないようにしましょう。

ホッケふ頭の狙撃ポイントは今回で終わりです。

今回紹介した場所以外にもまだまだいろんな狙撃ポイントがあるので、皆さんも散歩でいろいろと試してみてください!

ではでは、今日も楽しいスプラトゥーン日和を!

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメント

  1. 匿名 より:

    よわはださんのギア構成、パク…参考にさせてもらっています。
    できれば、96ガロンデコとスクイックリンαのおすすめギア構成を書いてはいただけないでしょうか。
    これからも頑張って下さい!

  2. 固体 より:

    いつも見させて頂いています。 質問ですが、ウデマエAまで上がったのですが
    塗ったりキルしたりとサポートはしていますが、なかなか答えてくれません。 
    どうすればいいですか?

  3. たろー より:

    よわはださんこんにちは。よわはださんにみてもらいたくて、一番新しいこの記事にコメントします。ぼくもよわはださんのようにうつ病になりかけたり、自分を失ったりもしました。そんなときにであったのは、よわはださんの記事でした。僕は、感動しました。またあるとき森 絵都さんのカラフルという本に出会いました。この本は、僕にいろいろなことを教えてくれました。カラフルって、たくさんのきれいな色って意味じゃない。
    きれいな色も、汚ない色も、ぜんぶひっくるめて、いろんな色があるってこと。
    いろんな色は、ぜんぶ混ざると真っ黒だ。だから、カラフルって、きれいじゃない。

    ぼくらの心は、とってもカラフルだ。こいつも、あいつも、あの娘も。
    そして、そんなカラフルな僕らが存在するこの世界は、言うまでもなく、最高にカラフルだ。
    この最高にカラフルで真っ黒な世界で、ひたすら長く、ひたすらつまらないであろうこの先の人生は、ぼくにとって、微塵の価値も感じられないものだ。小林真くんじゃないけど、自殺したほうがマシなんじゃないかって、思うぐらいに。
    でも、そんな人生も「せいぜい数十年、少し長めのホームステイ」と、すこし気楽に考えることができれば、この最高にカラフルで真っ黒な世界と向き合い、しっかり目を開いて、ちゃんと見て、いままで目に入っていなかった、大事な色が見つけられる気がする。
    ヒントはいたるところにあるって、プラプラが言っていた。これからはじまる少し長めのホームステイを、気楽に、でも大切に過ごしてみようと思う。
    よわはださん。よんでみてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。