ワコムのサポートセンターの対応が悪すぎてびっくりした話。初期不良で電話する前にこれだけはやっておくべし!

先日、ワコムのペンタブをついにゲットして喜んでいたんですが、いまいち線がうまく引けません。手癖のせいかよくわからないんですけれど、一定のところで線がずれてしまいます…。

ちなみに、今回ゲットしたペンタブはこちら。

とにもかくにも、自分の思ったら通りに線が引けないので、普段から絵を描いている同居人にちょっと教えてもらおうと思ったところ、同居人が手本を見せようとすると「あれ?」というちょっと曇った表情に。

どうやらペンタブ自体に初期不良があったみたいです(笑)

どういう初期不良か軽く説明させてもらうと、特定の場所をゆっくりと線を引くと位置ずれを起こしてしまって、直線を引いたつもりがアルファベットのZを書いたようになってしまうという初期不良があったわけなんです。

ということで、早速サポートセンターに問い合わせることにしたんですが、これが悪夢の始まりでした…。

結論から言わせてもらうと「対応が悪すぎる・遅すぎる」の一言に尽きます・・・。

対応してもらうまでに最高に時間吸われます(・ω・)!
最高に何度も二度手間とらされます(`・ω・´)!
最高に電話代もってかれます(^ω^#)!

この記事を読んでもらえれば分かると思いますが、初期不良でワコムのサポートセンターに対応してもらう場合、もの凄く時間と労力が必要になるので、その辺を覚悟してからワコムの商品を購入したほうが良いです。

記事下部のまとめに、初期不良でワコムのサポートセンターに電話する前にやっておいた方が良いことや知っておいた方が良いことをまとめたので、長い文章を読むのが面倒な方はそこだけを読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

交換対応に入るまでのお話。

4回目の電話まではおんなじ日の出来事です。

初期不良を伝えるための電話(1回目)

1回目の電話

最初の問い合わせに出たサポートセンターの方は声の若々しい女性の方でした。

応対にまだ慣れていないのか、マニュアルを読みながらなのか、ものすごく緊張していて、毎回喋るたびに噛んだり日本語がおかしかったりしていました(;’∀’)

ですが、私も電話での応対の経験があったので、この気持ちすごくわかります。最初のころはめちゃくちゃ緊張するんですよね。

「これで応対の仕方あってるだろうか…。」「怒られたりしないだろうか…。」「こういう場合はどうするんだっけ…。」みたいな感じでものすごく緊張します。

これはお店の電話に出たことがある人なら誰でもわかるはず!

初期不良がどういう状況なのか聞かれたので、「自分も電話対応は緊張していたなー」なんてちょっぴりほんわかしながら初期不良の状況を説明しました。

私「かくかくしかじかで特定のところで線がずれてしまうんです。」

サ「さようですか。」

私「手癖かも知れないと思って定規を使って引いてみるんですけれど、それでも結構線がずれ・・・」

サ「あ!定規を使っても線がまっすぐ引けないということはこちらの方で確認されております(`・ω・´)!」

いやいや、ビックリしました。

私が喋っているのを遮って、今までたどたどしく弱弱しかった声を大にしてここまで自信満々にどや感出されちゃうと、さすがにビックリしちゃいます。

家に帰ると、1人暮らしで誰もいないはずのになぜかご飯が用意されていて、それを何の驚きもためらいもせず当たり前のように「いただきます!」とか言っちゃってご飯を食べちゃうような心臓に毛が生えた人でもビックリしちゃいます。

私「あ、そうなんですか。でも、それを考慮しても明らかに線がずれるんですよ。」

サ「さようですか。ペイントツールは何をお使いでしょうか?」

私「SAIを使っています。」

サ「もしかすると、ペンタブの方ではなくペイントツールに異常があるかもしれないので、他のペイントツールで試していただいて、それでも線がずれるようでしたらもう一度お電話おかけください。」

私「分かりました。」

サ「もう一度お電話かける際は、担当者にお電話番号をお伝えください。こちらで記録を管理しておりますので、ほかの担当者が電話に出ても対応を引き継ぐことができます。」

急に大きな声を出されてびっくりしましたが、確かに私の使っているPCとペイントツールの相性が良くなくて不具合が出ている可能性もあるので、とりあえずはサポートセンターの方の言う通りに他のペイントツールでも試してみることにしました。

ペンタブについてきた「ArtRage Lite」というペイントツールと「ペイント」を使って試しましたが、やっぱり線はズレる模様。

ということで電話を掛け直すことにしました。

他のペイントツールを試した後の電話(2回目)

2回目の電話

次に問い合わせの電話に出たのは、少し電話応対の経験がありそうな感じの落ち着いた女性の方でした。

とりあえず、前の担当の方に言われた通り電話番号を伝えて引き継いでもらおうとしましたが、ここで早速トラブル発生。

私「電話番号を言えば対応を引き継いでもらえるとお伺いしたのですが…。」

サ「お電話番号をお願いします。」

私「○○○-××××-△△△△です。」

サ「…(;´・ω・)。申し訳ありません。前の担当者の記録記入がまだのようです。お手数ですが、もう一度ご説明くださいますでしょうか。」

oh…。前の担当者さんしっかりしてくださいよ…。

面倒ですが今までの状況と、他のペイントツールでも駄目だったことを伝えました。

サ「さようですか。でしたら、もしかするとPCの方に問題があるかもしれないので、他のPCでもお試しください。それでも線がずれるようでしたらまたお電話ください。」

私「(え、また電話かけ直さないといけないの?) 分かりました。」

うん…。この辺はほかのサポートセンター同様に、ペンタブ以外に問題点があるかもしれないので仕方ない対応だとは思うのですが、ワコム側の否が応でもペンタブの初期不良を認めたくない感じが、対応全体を通して伝わってきます…。誰でも面倒ごとは嫌ですもんね。

まあ、使用するPCを変更したら解決した例もたくさんあるとは思いますが、この辺から対応になんだか違和感を覚え始めるんですよね…。

まあ、ノートPCでも同じ症状が出ないか試しながらあることを不意に思いました。

”どうしてそれをあらかじめ言わないのか”

最初から他のPCでも試すように伝えてくれれば、二度手間にならずに済んだのに…。

そして、ノートPCでも線がズレるかチェックしましたが、やはり線はズレる模様。

んで、もう1つ何となく思ったことがあるんですよね。

「PCを1台しか持ってない人はどうすんの?」

私はデスクトップ型とノート型の2台を所有していますが、パソコンを1台しかもっていない場合はどうするんでしょう。

私「すみません。私パソコン1台しかないんですぅ~(´;ω;`)」

サ「あ、じゃあ、ペンタブが悪いと言い切れないんで初期不良とは認められませんねぇ~(^ω^)」

って感じになってたんでしょうか(笑)

とにかく、この2回目の電話のあたりから嫌な予感がものすごくにじみ出てきたのは確か。

それから、これはどうでもいいんですが、ワコムのサポートセンターの方は「さようですか。」が口癖のようです(笑) まあ、便利な言葉ですけれどね。

他のPCで試した後の電話(3回目)

3回目の電話

そして、ノートPCで試し終わったので3回目の電話をかけることに。

3回目の電話は2回目の電話の方と同じ人でした。

私「他のPCでも試しましたが無理でした。」

サ「さようですか。ワコムのトラブルシューティングはお試しになったでしょうか?」

私「ドライバの再インストールは何度か試しましたが…。」

サ「では、ワコムのトラブルシューティングをお試しください。手順はかくかくしかじかなので、それでも不具合が出るようでしたら再度お電話ください。」

私「(え?え?またまた電話かけ直さないといけないの!?) 分かりました。」

ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待てぇ~い!!!

お次は、ワコムのトラブルシューティングを試せというわけですか!

”どうしてそれをあらかじめ言わないのか”

二度手間どころか三度手間ですよこれは・・・。

最初にペイントツールのこと、PCのこと、ワコムのトラブルシューティングのこと、これら全部言ってくれれば何度も電話をかけずに済んだのに!

しかも、このトラブルシューティングのやってることが再インストールとほぼ変わらないんですよね。

変わったのは設定ログファイルを消す作業が入ったくらいです。そもそも設定いじってないからこの作業が入ってもあんまり変わらないような…。

結局、トラブルシューティングをしても線がズレるという現象は解決されませんでした。

トラブルシューティングを試した後の電話(4回目)

4回目の電話

4回目の電話では男性の方が出ました。

今までのサポートセンターの方は、「どうせ初期不良じゃないでしょ」みたいなあしらうような対応でしたが、この方は積極的にこちらの気持ちを汲み取ってくれる対応でした。悲しいことに、今回の初期不良の対応の中で唯一好感の持てた方でしたね。

今回は記録が残っていたのでスムーズに本題に移ることができました。

トラブルシューティングを試してもダメだったことを伝えると、

サ「んー。さようですか。でしたら、初期不良で対応できる期間ですので交換対応させていただくことになります。後日、初期不良の詳しい状態を担当部門の方からお伺いさせていただきます。」

ということで、やっとのことで交換対応してもらえることになりました。

後日、初期不良の検証やチェックをしている担当者から電話がかかってくるとのことです。

とにかく交換対応に入るまでが長すぎる!

ここまで、問い合わせ初日の交換対応に入るまでを書かせてもらいましたが、ワコム交換対応に入るまでがめちゃくちゃ面倒です。

そして、対応が悪いの一言に尽きます。

電話であしらうような応対をしてくるところはもちろんなんですが、面倒臭さが前面に出過ぎてる感があります。

それに、こちらの労力のことを全く考えてくれてないんですよね。

電話するたびに、他のペイントツールで試してください、他のPCで試してください、トラブルシューティングを試してくださいって感じで、スモールステップ学習をやらされてる気分でした。

最初にすべて伝えてくれれば、こちらもすべて試した後に電話するのに…。何度も何度も電話をさせられるこちらの身にもなってほしいです。

まだ、何度も何度も電話させられる羽目になるのは良いんですが、平日の昼前やお昼下がりに掛けているのに、「電話が込み合っております。そのまましばらくお待ちください。」と、毎回毎回あらかじめ設定されてあるアナウンスが入って1~5分程度待たされるんですよ。

これ、電話なってるのにすぐに絶対取ろうとしてないでしょ…。それか受け口が少なすぎるか…。どちらにしても対応が悪いことには変わりありません。

なんだか、こちらが面倒になってしまって投げ出すのを待っているかのような印象を受けました。

もうこの時点で、私の中のワコムの印象は駄々下がりです。

初期不良の商品をサポートセンターに送るまでのお話

本当に長いのはここからです。

交換対応すると言われてから10日くらい経つのに、担当部門の方から全く電話が掛かって来ないんですよね。

さすがに違和感を感じて、こちらからサポートセンターに電話をかけることにしました。

電話が掛かってこないから、こちらから掛けた電話(5回目、6回目)

5回目の電話

私「あれから電話が掛かってこないんですけれど…。」

サ「こちらの記録によると、こちらから電話をお掛けしたみたいですが出られなかったようですが…。」

私「着信履歴見たんですけれどかかってきてないです。」

サ「おそらく、長い電話番号からかかってきてるとは思うのですが。」

結論から言うと、確かに4回目の電話の次の日にその電話は掛かって来ていました。確かに掛かっては来ていたんですけれど、警戒して出られなかったと言った方が正しいです。

というのも、掛かってきていたのはサポートセンターとは違う電話番号だったんですよね。しかも、スマホの画面には「中国」と文字が表示されていました。

中国から電話がかかって来たので、それで警戒して電話に出られなかったんです。いやいや、こんなの警戒せずに「はい、もしもし。」なんてすぐに出られるわけがありません。

と言いますか、

”どうしてそれをあらかじめ言わないのか”

とまたまた思ってしまいました。この中国からの電話をワコムからの電話だと最初から分かる人はいったい何人いるのでしょうか。いきなりかかってくる中国からの電話に何の抵抗もなく出られる日本人はいったい何人いるのでしょうか。

私「確かに長い電話番号からの着信はありましたが、こちらからかけ直しても出ませんし、それから一週間近く折り返しの電話もありませんでした。」

サ「申し訳ございません。でしたらこちらで詳しい初期不良の状態をお伺いいたします。」

私「(え?担当部門の人じゃなくていいの?) えっと、かくかくしかじかで…。」

実際、そのワコムから掛かってきたであろう中国からの長い電話番号に数日おいてからかけ直しましたが、プルルルとも鳴らずににプツッと電話が切れるだけでした。

それから1週間後くらいに、こちらからサポートセンターに掛け直してこの状況にあるわけなんですが、担当の部門が詳しい初期不良の状態を聞くという話だったはずなのに、結局はサポートセンターのオペレーターが聞くということになっているではありませんか。

サ「初期不良の交換期間ですので、初期不良として交換対応させていただきます。こちらの方で初期不良を確かめますので、今から言う住所に、購入した日付の分かるものを保証書に添付してペンタブを送ってください。」

私「分かりました。」

こうして、日をまたぐ必要はなかったのに10日間も待たされる羽目になったわけです。

サポートセンターの人でも良かったのであれば、4回目の電話の時に交換対応ってことになってるんだから初期不良の商品を送る住所を伝えてくれれば良かった話なんですよ。

なんでこうも何度も何度も手間をかけさせようとするのでしょうか。やはり、こちら側が面倒になって折れてくれるのを待ってるのでしょうか。

ここまで対応が悪いと、わざとそうしてるようにしか思えなくなってきます。

初期不良の商品を送ってから中国の長い電話に掛け直すまで(7回目、8回目、9回目)

7-9回目の電話

6回目の電話で初期不良のペンタブを送る住所を教えてもらってから、日付でいえば6月13日にこちらか商品を送ったのですが、またまた10日間くらい電話がかかってきませんでした。

どうやら初期不良のチェックにはかなり時間がかかるようです。

やっとのことで電話がかかってきたんですが、かかってきたのは中国からの例の長い電話番号からでした。

この電話番号は、前の問い合わせの時の話でワコムからの電話だとわかっていたので、折り返し電話を掛けましたが、平日の昼下がりなのにまたまたプルルルとも鳴らずににプツッと電話が切れるだけでした。

次の日も掛け直しましたが繋がらず、その次の日も繋がらず。

中国からの電話が掛かってきてからは、こちらから電話をかけるばかりで3日間折り返しの電話はありませんでした。

サポートセンターに進捗を確かめる電話(10回目)

10回目の電話

こちらから折り返しの電話をかけたにもかかわらず、あれから3日間も着信がなかったので、10日間待たされた上に、さらに10日間以上待たされた私は、耐えかねてサポートセンターに電話して進捗状況を確認することにしました。

私「あれから全く連絡がないので、送った初期不良商品の進捗状況をお伺いしたいのですが。」

サ「数日前にこちらから電話をかけていると思いますが、出られなかったようなので今から説明させていただきます。」

私「長い電話番号ですよね?3日前に掛かってきてこちらからかけ直してるんですが、それ以来全く掛かってこないんですけれど。」

サポートセンターのオペレーターのまるでこっちが悪いかのような物の言い方や、これまで長いこと待たされ続けてきたイライラのせいか、腹の底から苛立ちがグツグツと沸き上がってきてしまったので、説明を少し遮ってこちらのイライラを少し主張してまいました。

サ「大変申し訳ございません。ネット電話を使用しておりまして…かくかくしかじか…。」

ここで初めて、あの中国からの長い電話番号についての説明が入ったんですが、どうやらネット電話らしくて以下の仕様があるようなんです。

  • ネット電話を使用していて中国からの着信になる
  • ワコム側から電話を掛けられるが、こちら側からは掛けられない(掛からない)
  • こちら側からの着信は残る

ふぁ!?

もうまじで「ふぁ!?」ですよ。

ネット電話を使用していて中国からの着信になる?こっちからは掛けられない?どおりでプツッと音が鳴るだけで全く繋がらずに電話が切れるわけですよ。

それからやっぱりこう思いました。

”どうしてそれをあらかじめ言わないのか”

中国からの着信になることを伝えてくれれば無駄に10日間待つことにもならなかったし、こちら側から掛けられないのを伝えてくれれば、つながらない電話に何度も何度も電話することもなかったんですよ。

しかも着信が残るのであれば、早めにワコム側がこちらに折り返し電話することもできたはずです。

さらに言わせてもらうと、こちら側から掛けられないということは、ワコム側がこちらに電話をかけたときに確実に出なければいけません。こちら側が着信に確実に気が付かなければいけないのです。

まあ、サポートセンターがネット電話を使うことが当たり前になってきているのかどうかは私には分かりませんが、折り返しの電話を受け取れないようにしてるのってどうなのでしょうか。

こちらが折り返し電話する場合は、サポートセンターの問い合わせ窓口の電話番号にかけて、毎回違う担当者が出て、毎回引き継いでもらってという風に同じ作業を何回も繰り返させられるわけですよ。

場合によっては、何度も同じことを喋らされるわけです。それだけで5分くらい時間は取られちゃいます。電話代かさんじゃいます。

さらに問題はそれだけではありません。

サ「こちら側で検査検証したところ、初期不良は見つけることができませんでした。ですので、その初期不良の画像か何かを添付してお送りすることは可能でしょうか。」

私「質問に質問を重ねて申し訳ありませんが、それってもう一度ペンタブをこちらに送ってきて、初期不良のズレる線の画像を撮ってメールか何かに添付して、再度ペンタブを送り返すってことでしょうか。」

サ「はい。お手数ですがそのようになります。」

んふぁ(^ω^#)!?

もうまじで「んふぁ(^ω^#)!?」ですよ。

またペンタブを送り直す?商品送るのって梱包して郵便局に持って行って手続きしてって結構時間かかるし労力もかかるの知ってます?

しかも次送るときは画像を撮って添付する?

”どうしてそれをあらかじめ言わないのか”

こちらが初期不良のペンタブを最初に送るときに、あらかじめ画像も添付するように言っておけば再度送り直すハメにはならなかったんですよ。

これで何度目でしょうか。ワコムの交換対応を通して「どうしてそれをあらかじめ言わないのか」と何度頭に浮かんだことでしょう。

しかも、ワコムは初期不良が無いと主張してきます。

こちらは言われた通りに、他のペイントツールでも他のPCでも試して、さらにはドライバの再インストール、ワコムのトラブルシューティングを試しましたが、その度にペンタブの特定の場所で線がズレる現象が出ていますし、普段からペンタブを使っている同居人にも見てもらいましたが、やはりペンタブの初期不良だと言われました。

初期不良だとみてほぼ間違いないはずなのに、それでもワコム側は初期不良が無いと主張してきます。

さすがに私もワコムの対応の悪さやくどさには呆れ果ててきました。

まとめ:初期不良でワコムに電話する前にやっておいた方がいいこと

通話時間の合計を見てみると1時間近くサポートセンターの電話だけに使っていて、お金に換算すると2000円弱くらいは電話代がかかっています。

さらに、他のペイントツールで試したり、他のPCで試したり、ドライバを再インストールしたり、ワコムのトラブルシューティングを試したり、ペンタブをコンプしてサポートセンターに送ったりなど、かなりの時間をワコムの初期不良の交換対応に持って行かれてます。

さすがにここまでくると、時間や電話代を考慮すると、購入したペンタブの値段以上の価値を超えてしまうじゃないかと思います。

つまりは、1万円もしない商品の場合、初期不良であれば交換してもらうよりも新しいものを購入したほうが良いということです。これでは何のためのサポートセンターか分かりませんね。

こういったところで企業の印象って大きく変わっちゃうので、良い商品をたくさん出しているのにもの凄くもったいないなあと感じてしまいます。

まあ、私の毒もほぼほぼ吐き終わったところで、最後に、初期不良でワコムのサポートセンターに電話する前にやっておいた方が良いことや知っておいた方が良いことをまとめようかと思います。

初期不良があった場合にあらかじめやっておくべきこと・知っておくべきこと

  • 他のペイントツールで同じ症状が出るか試す
  • 他のPCでも同じ症状が出るか試す
  • ワコムのトラブルシューティング(ドライバの再インストール)を行った後、同じ症状が出るか試す
  • 初期不良の商品を送る際は、どういう不具合が出ているのかが分かる画像を印刷したものも添付する

あらかじめやっておくべきことは以上の4つです。

これらのことをあらかじめやっておかないと、何度も電話することになりますし、再度商品を送り直さないといけなくなります。ワコム側は最初からは教えてくれません。

  • ワコム側から電話がかかってくる場合、中国から長い電話番号のネット電話が掛かってくる
  • ネット電話には折り返し電話できない。繋がらない。
  • 初期不良商品の検査検証には10日間近くかかる

中国から電話がかかってくることを知っておかないとすぐに電話に出ることができませんし、こちらから電話を掛けられないネット電話なので無駄に折り返しの電話を送ってしまうことになります。

初期不良商品の検査検証は10日間近くかかるみたいなので、結構待たなければいけません。

一応、進捗状況はサポートセンターの方で確認できるみたいなので、あまりにも長い場合は電話をかけてみるといいかもしれませんね。

今回の件に関しては、結局、私は断念して諦めることにしました。

もうすでにペンタブの値段以上の価値に相当する時間やお金を使ってしまいましたし、ワコム側はそれでもなお初期不良を認めてくれませんでしたからね…。

悲しい、これは欲しいものリストに入れていたペンタブで購入していただいたものなんですよ。欲しいものリストから購入して送ってくださった方、本当にごめんなさい(´;ω;`)

ですが、ペンタブを送ってくださったおかげでモチベはグンッ↑と上がってますので、新しくペンタブを購入していつかは楽しんでもらえるような絵を描こうかと思います!

といっても、次はワコムの商品を購入するかはわかりませんけれどね(笑) その時は初期不良が無いことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメント

  1. 匿名 より:

    支援ってなに?ただの乞食じゃん。何かと文句言い過ぎ。世の中ってそんなに自分の都合のいいようにできてないよ。メンヘラニート乞食君。

  2. 匿名 より:

    自分も対応してもらった時は中国人、そして質問の途中で連絡が来なくなり
    1週間後にこちらから、連絡してやっと対応してもらえるという最悪なサポートでした。

  3. 和COM? より:

    あまりの電話対応の酷さに、これがWACOMのデフォルトなのか?と疑問に思い
    「WACOM 電話対応」で検索してこちらのサイトにやってまいりました。

    ”どうしてそれをあらかじめ言わないのか”
    同感過ぎで笑えました。そして私の場合は、上に伝えておいて下さいと言っておきました。

    それから5分待たねば電話が繋がらないのもマニュアルの一貫のようですねw
    ちなにみサイト主さんのおかげで改善されたのか、
    私にはあらかじめ「折り返し電話は外国番号からかかってくる」旨を繰り返し言っておりました。
    色々と寡占の弊害な気がします。良い製品を作っている技術者が浮かばれません。
    長々と失礼致しました。

  4. 匿名 より:

    その電話相手、私です。
    よわはださんだったんですね。
    すいませんでした。

  5. 匿名 より:

    amazonで購入したんだったらamazonに連絡したほうが良かったかもしれませんね。全く別な商品ですが、こちらが送り返すよりも先に新しいのが送られてきてすごくびっくりした覚えがあります。

    • モーリー より:

      ぼくも、買ったものは違う商品でしたが、初期不良だったのでamazonに返品のお願いすると、翌日には新しいものを送ってくれて驚きました。
      それ以来、amazonファンですね(^-^)♫

      よわはださんは、プレゼントしてもらったものだったようなので、ワコムに言うしかなかったかもしれませんね(^_^;)。

      お客さんに嫌な思いをさせて、離れさせるより、お客さんのことを信じて迅速に返品対応してくれるamazonさんは、潔くて好きになりました。

  6. 匿名 より:

    今ワコムの株価上がってますね。大手だからこそでかい面していられるのかもしれませんね

  7. レイト より:

    以前の記事で書いてた「不満買取センター」でこの不満は買い取ってもらえないのかな

  8. 匿名 より:

    長い対応お疲れ様でした。
    せっかくの支援を無下にされたように感じちゃいますね…心中お察しします(´・ω・`)

    ですがよわはださんがこうして注意点を書いてくださることで助かる方が沢山いらっしゃると思いますよ!!
    本当にお疲れ様でした!

  9. 匿名 より:

    中国で盛大に笑ってしまった
    日本の企業に電話して中国から掛かってくるってなんじゃそりゃ…

  10. もかにゃんこ( •ω•ฅ) より:

    え…( ŏΔŏ 😉
    あり得ない対応ですね…
    よわはださん、よくキレませんでしたね(=ω=;)

  11. S字矢印 より:

    自分も似たような症状出て、初期不良を疑ったんですが、描きながら調べてると「ペンを板に対して垂直に持って引くと真っ直ぐ書ける」「ペンを寝かせて引くとズレる」って症状でした。参考までに。安い物だとこうなるのかな……。

  12. 匿名 より:

    交換してもらえないってありえませんね。残念でしたね。支援してくださった方も不憫に思えて仕方ありません。きっとすごく悲しんでいらっしゃると思います>_<

  13. natural* より:

    あまりにもひどい対応に、驚きを通り越して、呆れてしまいました。
    日本にもそんな企業があるとは、とても残念です。

    支援してくださった方も、ガッカリでしょうね(´;ω;`)

  14. 匿名 より:

    んふぁ(^ω^#)!? (伝染)

  15. 匿名 より:

    会話のところで笑ってしまいましたwww

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。