今の自分になってしまったのを環境のせいにしても良いけど、重要なのは「これからどうするか」

恥ずかしい話ですが、私は両親との仲が非常に悪いです。

心の病になってしまい仕事を辞め、今苦しい状況に置かれているのは、こういう自分に育て上げてきた両親のせいだとさえ思っています。

スポンサーリンク

「こうなってしまった」を環境のせいにしても良い

地球と仲間2

今の自分に満足していない人は大勢いるはず。大抵の人は「こうなってしまったのは環境のせいだ」と言います。経験上の話ですが、客観的に見てみても環境が原因の多くをを占めているパターンが非常に多いです。

とかいう私もそのうちの一人です。私の場合、俗にいう「機能不全家庭」という環境で育ってきたので、人間関係もうまくいかず、心の病にかかり仕事もやめてしまいました。

よく、「環境のせいにしてはいけない」っていう人が居るんですけれど、私は別に環境のせいにしても良いと思っています。

「環境のせいにしてはいけない」という言葉って「生きてるだけで幸せって思いなさい」みたいなのと同じように、我慢が美徳みたいな日本人特有の考え方がにじみ出ていると思います。

私が思うに、人間ってそんなに我慢ばかりして生きられるほどしっかりとはできていません。原因を自分にばかり帰結させていては、頑張れるものも頑張れなくなってしまいます。

そういった意味でも、今の自分になってしまったことを環境のせいにしても良いと思うんですよね。

私はこうなってしまった自分を家庭環境のせいにしている

私の過去を少しばかり話したいと思います。この辺は少し話題がそれるので、次の大きな見出しまで飛ばしてもかまいません。読んでいて心地よくない話です。

人を信頼できない私の形成

私は物心ついたときから、母親がこぼす愚痴ばかりを聞かされ続けました。

母親が口を開けば、父親の悪口、私の祖母(姑)の悪口、義兄弟の悪口、近所の人の悪口、私がよく遊ぶ友達に対する悪口、そんな負の感情が込められた言葉がいつも私の鼓膜をつついていました。

私は幼稚園の年長組ぐらいからそんな言葉を聞いていたので、その話を鵜呑みにしてしまうわけです。母親が誰かの悪口を言えば、純粋に「その人は悪い人なんだ」と思ってしまうわけです。

だから父親のことは小さいころからずっと悪い人だと思っていました。そういうわけか父と母がケンカしたときなんかは、父親が悪いという先入観がありました。

そもそも、父と母が仲良く会話していた記憶なんてありませんし、話す言葉は必ずケンカ腰ですぐにケンカが始まります。食卓では主菜の唐揚げや酢豚、時には副菜のサラダが飛び交っていました。

他にもたくさん書きたいことはたくさんありますが、母親の悪口や、父親の育児無関心、父親と母親のケンカ・怒鳴り合いなど、こういった機能不全な家庭で過ごしてきたわけですから、小さくて純粋な心を持つべき年齢のときから、私は他人のことを信用・信頼できませんでした。

人を信じられないから人間関係がうまくいかなかった

そうなってくると、次第に人間関係がうまくいかなくなります。相手からしてみればいつも疑ってこられて非常に煩わしいわけですからね。

小学5年生くらいの時から学校生活での友人関係に少し違和感を覚え始め、小学6年生の時にはそれがいじめだということを自覚しました。

それは中学に進学しても続き、結局中学3年間もいじめられ続けました。無視されるのはもちろんですが、靴を山に捨てられたり、休み時間にいたずらされたり、部活でのグループ練習を嫌がられたりなど、学校での居場所がほとんどありませんでした。

この生活に耐えられなくなって泣きながら帰ったとき、親に理由を問いただされ、恥ずかしさと悔しさをこらえていじめられていることを話したことがありました。

ですが、特に慰めのことばもなく、最終的に返ってきたことばは「いじめられる方にも原因がある」というきつい言葉でした。

母親なりに私に気づかれないように動いてくれていたのを聞いたのは大学生のころでしたが、当時の私には母親が口にしたそのきつい言葉がすべてだったので、中学生の私は母親のことさえも信頼できなくなりました。

たしかに今思えば、私にもいじめられる原因はあったとは思います。ですが、それは人のことを疑ってかかっていたからです。

人のことを疑ってかかってしまうのも、小さいころから聞かされてきた母親がこぼす悪口が原因です。

高校生にもなると、進学先がばらけるのでいじめはなくなりましたが、重要な思春期の時に人との会話をほとんどせずに過ごしたので、会話すること自体が結構苦で、高校でも話せる人は指折り数えるくらいでした。

大学生の頃になると、高校のリハビリもあったのかある程度は喋れるようになりました。ですが、もちろん人付き合いはうまくいきません。なんせ人を信頼できませんし、言葉もトゲのあるものが多かったですからね。

育ってきた環境への違和感に初めて気が付く

それでも、人とコミュニケーションしていくうちに、なんとか会話についていけるようになりました。それと同時に、自分の家庭が普通の家庭に比べておかしいということにも気づき始めました。

そして、なんとか新卒で就職することができましたが、社会人になるとまた会話に一気についていけなくなり、怒鳴られて育ったせいか年上の人が怖くてコミュニケーションがうまく取れず、次第に仕事も苦になり気が付けば病気になっていしました。

この頃になって「こうなってしまったのは家庭環境のせいだ」と、自分の育ってきた環境を心から憎むようになりました。それと同時にそんな環境を作った両親を恨むようになりました。

ですが、両親もそういう家庭環境しか気づけないような環境で育ってきてしまったのも事実で、両親も被害者といえば被害者なのです。

しかし、私はいまだに両親を許すことができません。だから経済的に厳しくても、親と離れて生活をしています。

これが自分が前へ進むための最初のステップだと思ったからです。自分の中で両親を許すのはもっと先のステップだと思うんです。

重要なのは「じゃあ、これからどうするか」

書いているうちに話がだいぶんそれてしまいました。

とりあえずこんな感じで今の私が形成されていったわけですが、小さいころは自分で環境を変える経済力もそれに伴う行動力もないので、どうしても環境に左右されがちです。

ですが、その環境で今の自分が形成されてしまったとしても、重要なのは「じゃぁ、これからどうするか」ということです。

環境のせいにすると心にスペースが生まれる

環境のせいにするだけでは、なにも実らないのは明白です。

過去が今を作ったように今が未来を作っていくので、どうにかしないと一生このままの自分で終わってしまいます。

環境を変えられない幼少期、思春期に形成された自分のままなんです。

ですが、環境のせいにすることによって心に余裕というスペースが生み出されるのも事実です。その余裕を有効に使うことさえできれば、私は今の自分になってしまったのを環境のせいにしてしまっても良いと思っているんです。

環境のせいにした後は「これからどうするか」を考える

環境のせいにして心にゆとりが持てたのであれば、考えるのは「これからどうするか」です。最近になってこのことにやっと気が付けました。

「夫婦関係がうまくいかないのは夫が優しくしてくれないから」

「僕には才能がないから何をやっても駄目だ」

「上司が無能すぎて辛い」

「ゆとり世代の新入社員は使い物にならない」

環境のせいにしても良いけれど、「じゃあ、これからどうするか」をひたすら考えていくしかありません。

私の場合であれば、心の病に倒れ仕事を辞めてしまい、なにも楽しめなくなってしまったので、とりあえず何かを楽しむことから始めてみることにしました。

次第に、活動できる量は増え、やりたいこともたくさん出てきました。ですが、やりたいことが増えてくる反面、経済的に追いつかない面も出てきました。

大学の資金はすべて奨学金で賄ったので、奨学金返済もしなければいけませんし、活動に投資できる金額は本当に限られています。

ですが、これに関しても「これからどうするか」をひたすら考えていくしかありません。

人によって答えは違うので、ネットで検索してもありきたりな答えしか返ってきません。時には人に相談するのもいいでしょうが、やはり最終的には自分の頭で考える他ありません。

未来の自分を作るのは今の自分しかいません。環境に足を引っ張られる場面も幾度とあるはずですが、「これからどうするか」を考えるのはなりたい自分になるための第一歩なんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

よわはだのツイート

よわはだのツイート

カテゴリー

カテゴリー

コメント

  1. 2児の母です。 より:

    あと一つ言わせて下さい。私の母親はギャンブル、アルコール依存症で借金残し失踪しました。でも昔は周りの大人が愛情を沢山かけてくれました。母親に捨てられても人を信じる希望を持てました。でも今は違います。社会全体の問題ではないでしょうか。人間関係が希薄になってしまいましたから。ご両親だけの責任ではないのではと思います。

  2. 2児の母です。 より:

    アメリカのジャーナリストが、引きこもりの国という本を出してます。日本のことを書いてあるんです。読まれたことありますか?日本には引きこもりや自殺者が多いんだそう。
    私は佐々木正美先生という児童精神科の先生の子育てについての本を読んだり講演を聴き学びました。幼少期に沢山遊び、友達から学ぶことが大切だと。よわはださんの幼少期は辛いことが沢山あったんですね。友達と生き生きと交わっていたら今、そんなに苦しむことはなかったのかもしれません。お母さんには恨まれる程、いたらないところがあったのだと思います。夫婦間が上手くいってないと指示や命令ばかりのお母さんになりやすいそうです。私も母親なんですが本当に子育ては難しいです。同じ境遇になれば私も同じように厳しいお母さんになったかもしれません。親になっても迷い悩みます。いつかお母さんのことを少しでも許せたら、もしかしたらよわはださんの心も癒やされるかもしれません。お母さんに苦しい思いをぶつけたことはありますか?よわはださんの苦しみが癒える日がいつかきっとくると信じています。

  3. じょ より:

    スプラトゥーンが面白く、著名なプレイヤーの動画をよく見ています。動画の発言やSNSの発信内容、立ち居振る舞いで各人のパーソナリティも一部垣間見えますが、よわはださんの現代思想的知性とセンスはピカイチですね。知は先天的素養と環境による「きっかけと機会」で育まれると思いますが、幸か不幸か(と軽率な表現申し訳ないですが)どちらも恵まれていたことと思われます。普段ネットに対しては完全ロム専ですが、自分より半周りも若い青年が丁寧に言葉を紡いでアウトプットしているのを見てコメントしました。これからも発信期待してます。

  4. (^-^) より:

    わたしも俗に言う「機能不全家庭」で今も暮らしています。両親は離婚しており、当時は暴力・暴言が当たり前。物心ついたばかりの小学生の頃は よわはださんと同じように、家庭での洗脳された性格が直らずイジメにあっていた時期もありました。中学生からは、「家庭のせいにするのはやめよう」「みんなと同じようになろう」とがむしゃらに生き、最終的には「私が大人になったら子供にこんな辛い想いを絶対にさせない、しあわせな家庭を築くんだ」と心に決めました。これは中学2年生あたりの話です。
    私にはよわはださんはただ家庭を理由に逃げているだけなように捉えられました。社会人になっても、未だに家庭環境を引きずって人間関係が〜って言っているのはどうなのかなと思います。この先数十年、ずっと育った環境を理由に殻にこもり続けるのでしょうか。

    • (^-^) より:

      追記です。
      この先どうするかを考えるよりまず、自分が変わらないと結果は今までと何ら変わらないと思います。
      個人談ですと、今まで悪口・挙げ足取り・男たらしで嫌われていた性格を、まず極力人と喋らなくなるところからスタートし、言葉を発する前に言葉を選んで 不快のない会話を心がけ、共学から女子校に進学し、とにかく自分の嫌いなところを改善することに尽力しました。
      現在よわはださんと近い年齢です。人間関係は過去と比較にならないほどうまくいっており、自殺を考えた過去を忘れるほど幸せです。(あとは1人暮らしが実現できれば夢が叶います)
      ただ今のこの生活は、確実に、性格を見直したあの努力無くして存在しなかったことだと確信しています。

  5. 長くてごめんなさい より:

    はじめまして!いつもyoutube楽しみにしています♪よわはださんも色々な思いをされたのですね。あまりにも主人と似ていたので思わずコメントしてしまいました。幼少期の辛い思いは簡単には取り除けないですよね。主人も身体を壊しましたがなんとか乗り越えて…というか乗り越えることをあきらめて違う視点から見ることで克服することができました。「見方を変えれば世界が変わる」と「感謝」を中心にして物事を考えるようになりました。母親や父親の事も許せるようになったみたいです。赤ちゃんは1人では生きていけません。よわはださんも今日まで成長しているということは服を与えてもらい、食事を与えてもらい、お金をかけてもらえたからこそ今日があるんですよね…。そう思うと少しづつ感謝できることが増えてきて見えなかった部分が見えてくる…かな?そんな主人も今は2人の子供の父親です。不器用ですが一生懸命子供達に愛情を注いでいます。私もつい自分の子供には強くなってほしくてキツくなってしまいますが受け止めてあげるように気をつけますね^^;偉そうに長々と失礼しました!減点方式ではなく加点方式で自分を見てあげて下さいね♪悪い部分の無い人間なんていませんから♪これからも陰ながら応援しています!(余談ですが私はよわはださんの味方批判は全く気になりません^^色んな意見があるとは思いますが全部を聞くなんて無理ですよね〜。自分にとって心地の良い形が見つかるといいですね♪)では。

  6. 明瞭 より:

    心を壊すぐらいなら、学校なんて行かなくてもいいんだと言ってもらえたらよかったですね。。通信制という方法もあるし、苦手な人間関係がうまくいくコツなどを、本などで勉強しつつ、知恵をつけて、社会人になれれば…心を壊すこともなかった…

    母親に味方してもらいたかったですね。なんだか切ないです。

    学校にいかなくても、勉強はできるし。

    私も母親の悪口をきいて育ちました。今でも理解できないし、少し距離をおいています。あまり信頼してないです。

    反面教師にしています。でも、私もおかしいところがあるので、気をつけています。

    いい親子関係の人を見ているとうらやましいです。

    すごく共感しました。

    また頭の中をみせてくださいね!

  7. ゆずぽん より:

    私も人と関わるのが苦手な事を育った環境のせいにしていました。将来結婚しても幸せな家庭は築けず、自分のような不幸な子供を作り、不幸な老後を迎えるだけなんじゃないかと思っていました。でも、想像していたより良い家庭が築けていると思っています。育った環境や社会が私の人格形成に悪影響を及ぼしたのは間違いないと思うけれど、もともと臆病な自分の性格も影響してたなぁと思えるようになりました。辛い経験をしたけれど、同じ経験を愛する子供にさせたくないという気持ちは強く、これからも自分との戦いだと思っています。よわはださんの動画も最近になって拝見させていただいているのですが、ほのぼのと陽気な感じなのに視聴者さんへの気配りを良くされていて、まじめで正義感の強さも感じられ、そんな生い立ちを感じませんでした。人の気持ちをよく考えているなぁと尊敬していましたが、辛い経験の中で色々感じてきたからなのかな?いつか良い方向に消化できると良いですね。

  8. 名前なんかなんでもいいです より:

    あなた人生諦めてないでしょ?
    というか92年生まれって24才ですよね?
    24才で何を卑屈になっているんですか?
    ワタシは23才ですが、まったく卑屈になっていません。
    だって40才にも80才にもなってないからです。
    というかこの世は神に管理されています。
    あなたもわたしも管理されています。
    神の管理に穴は無いです。
    あなたがもし調子が悪いのならば
    それは神なんかいないとか思ってるんじゃないですかね?
    ワタシはなんの宗教もやってませんが
    神はいると言います。
    そして世界を管理してると思います。
    神の管理に穴は無いと思えば
    何の悩みもなくなります。
    今回はじめましてだったんですが
    出会ったので一応。
    これがわたしのあいさつです。

  9. funです より:

    初めまして。YOUTUBEのリンクから来ました。よわはださんの生い立ちを知り、少し驚いたのと同時に[なるほど]とも思いました。私は、よわはださんのスプラトゥーン実況動画が好きで、ほぼ毎日拝見しています。っが、ときおり、相手を小バカにするような発言をされるのが気になっていました。お母様の悪口で育った環境を恨んでいるとのことですが、その影響が出てしまっているのでは⁉正直、聞いていて気持ちの良いものではありません。基本的には穏やかな口調でユーモアもあり(もちろんウデマエも)ファンなのですが、その点だけ残念に思っています。私もスプラトゥーンやるので味方や敵の悪口を言う気持ちは、よ~~く分かりますが、少なくとも実況動画をアップするときだけは、グッと我慢された方がファンも増えると思いますよ。上から目線ですみません。

  10. なつ より:

    意外と、同じような境遇の人はいるもんだね。
    みんな何かしらのハンデを背負ってる。そのなかで、これからどうするか!ポジティブにいかなきゃね。

  11. あなたの肌 守ります より:

    いつもいつも共感します。
    「親は子どもを恨む権利はないが、子は親を恨む権利がある」と思って生きています。私も親を恨んでいます。当然の権利だと思っています。許す必要なんてないと思っています。
    子どもが二人いますが、この子たちから恨まれる覚悟もできています。(そうならないようにもがいていますが)

    よわはださんは、自分自身がカウンセラーなんですね。深く自分のことを理解し、思考することが、きっと嫌いではないのだろうなと思います。私も、自分のことは嫌いだけど、自分のことを考えることは好きだから。

  12. べじ。 より:

    私は所謂お嬢様のような育てられ方をしました。色々なことを制限され過ぎたせいで、友達と上手くいかなくなりました。それをおかしいと感じましたが、周りはお前は幸せな環境にいると言い聞かせるばかりでした。でもとある人がそれはおかしいと言ってくれたおかげで、環境を受け止めて行動を始めることが出来ました。まだ過去を全て克服は出来ていませんが、前のように無気力ではないと思います。よわはださんの言葉には一歩を踏み出させてくれる力があると思うので、少しでも環境の中で足掻いている人に届けばいいなと思います。

  13. natural_5711 より:

    よわはださん、子どもながらに辛い経験をされてきたんですね…そして私も、環境のせいにしたいと何度も何度も思った事があります。

    夫婦仲が悪かったわけではありませんが、とにかく父が厳しく、父に怒られるからと、母も口うるさく、反抗出来なかった私は、自分らしさ・個性なんて有りませんでした。

    中学生になってからは、夕食を食べたら自室に行きなさい(勉強しなさい)だったので、テレビ番組の話にもついていけない、一人でいる時間が長いので、コミュニケーション能力も低く、いじめられた経験もあります…

    大人になった今でも、人の顔色を伺って話す、嫌われないようにとばかり考えてしまう癖が抜けません。

    これからどうするか…ほんとにそうですね。今自分が出来る事で考え・楽しみ・悩み、そして自分の道を歩いて行く。時には過去を思い出して苦しくなりますが、前向きに生きていきたいです。

  14. なな より:

    この記事に関して全体的に頷けるところが多いです
    というのも私自身似たような環境で育ってきたから、というのが大きな要因ですが
    まだ環境のせいにするだけにとどまってしまっていたとしても、自分は精神的にも金銭的にも人より自立のスタートが遅かったからその準備期間なんだな、ゆっくりでいいから前向きに生きていけばいいんだなと思ってます

  15. ちゃみん より:

    確かに幼少期からの環境というのは大きく影響しますよね。でもそれに気づくのはある程度大きくなってから。うちは仕事大好きな父、弟大好きな母という環境で育ち、大学で独り暮らしを始めてから自分を客観的見ることができるようになりました。過去を変えることはできないので、そんな自分を受け止めて先を見つめていくことが大事ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。