【非人類学園】ジャングルの基本ルートを押さえよう!【攻略】

ジャングルの基本ルートを押さえよう! 非人類学園
スポンサーリンク

今日はジャングルの基本ルートについて解説する攻略記事を書いていきますね。

ジャングルはかなり柔軟な立ち回りを求められるロールで序盤から中盤にかけて大きく試合を動かすことのできるロールです。

ですが、正直かなり難しいです。各レーンの様子をこまめにチェックしたり、相手ジャングラーの動きを読んだり、カエルや猫のオブジェクト管理もしないといけないのでめちゃくちゃ頭使います。

とはいっても、序盤から試合を大きく動かせるのはジャングルの醍醐味でもあります。難しいロールですが、基本さえ押さえればあとは経験と慣れになってきますね。

とりあえず、今回解説する基本ルートさえ覚えてしまえば初心者の人でもある程度形にはなるはずですよ。

わい実はジャングル苦手やねw
でも解説できるくらいには知識あるから許してやね

スポンサーリンク

ジャングルの王道的な基本ルートはこれだ!

非人類学園-ジャングル基本ルート

画像のようにジャングルの王道ルートは、

  1. 赤(重量挙げ王)
  2. 神シューター
  3. 記録員
  4. 青(図書館長)
  5. 鉛筆削り
  6. 鉛筆頭

この順番で回るのが基本ルートです。

ジャングルの最初の動きとしては、真ん中ジャンプ台に乗り下側の川のコインを取りに行きます。そのあとはすぐに赤(重量挙げ王)に向かってジャングルを回り始めます。

何でこのルートが基本なの?

良い着眼点やね
それを今から説明するやね

この基本ルートにはジャングラーの基礎が詰まっている!

実はこのルートはジャングルをやるうえで重要な基礎がたくさん詰まっているんですよ。

それを今から解説したいんですが、少し遠回りして説明する方が理解してもらえると思います。

まずはジャングルにはどうしてアサシン系のヒーローがその役割を担うのか、そのあたりを深堀していきますね。

アサシンヒーローがジャングルの役割を担う理由

非人類学園-最安雷帝少女レム

ジャングルは基本的にアサシンヒーローが担当します。

なぜジャングルはアサシンヒーローが担うのか。

ジャングラーはジャングルを回って経験値とお金を得るだけじゃなくて、その後にレーナ―を助けるためにガンクをしなければなりません。

その際、バーストダメージ(瞬間火力)を出せないと相手レーナ―を落としきることができないんですよね。

DPS系(持続火力)のヒーローだと相手がはタワー下に簡単に逃げ切ることができてしまいます。

最初の4分間はジャンプ台が残っていてすぐレーンに復帰できるためガンクしたことによる恩恵が少ないんですよ。

ですが、バースト系のヒーローだとDPS系のヒーローに比べてキルまで持って行ける可能性が高いので、こういう理由から基本的にジャングルはアサシンがその役割を担っています。

アサシンはレベル4からバーストダメージを出せる!

非人類学園-レベル4先行
※画像は羅刹(テッセン)のもの流用してます笑…。

アサシンの大きな特徴は瞬間火力(バーストダメージ)です。

ですが、通常攻撃ではなくスキルコンボを相手にたたきつけることによってバーストダメージを出すんですよね。

つまり、Ult(3スキル)を取得できるレベル4からでしかより大きなダメージを出すことができないんですよ。

やっぱりレベル4になるまではガンクが刺さりにくいやね

基本ルートは最速でレベル4になれる!なおかつガンクにもすぐに行ける!

そして先ほど説明した基本ルートがなぜ重要なのかというと、最速でレベル4に到達できるからです。

自陣のジャングルモンスターをすべて狩りつくすとジャングラーはレベル4になります。

味方のリーシュ(ジャングルモンスターを早く狩れるように助けてあげること)が濃いと時間経過による経験値が足りずレベル4に到達しないこともあります。

そして、この基本ルートの最後のジャングルモンスターはレーンに一番近いところのモンスターを狩るのですぐガンクに向かうことができるんですよ。

序盤弱いマークスマンをガンクできる!

太白クソザコ画像

このゲームは左右対称の地形になっていてこちらのトップレーンは相手のボットレーンです。

つまりトップレーンには大抵マークスマンが来ます。

マークスマンは通常攻撃を主体に火力を出してくるDPS系のヒーローなので、装備が揃っていない序盤はめちゃくちゃ弱いんですよ。

序盤弱いにもかかわらず、太白(たいはく)や牛魔王(ぎゅうまおう)のようにブリンクスキル(移動スキル)を持っていないヒーローも多いのでガンクを刺しやすいんですよね。

最短で回るルートだからモンスターのリポップ(湧き)が早い!

非人類学園-中立モンスター

ジャングルモンスターは倒されてから一定時間経過するとリポップ(湧き)します。

最短でジャングルモンスターを狩るルートを回っているので、早い時間帯に次のモンスターが湧きます。すると、早い時間帯からまたルートを回ることができるので、お金と経験値の効率が良くなるんですよね。

ジャングルはガンクすることも大事ですが、ジャングルモンスターをしっかりと周回することも大事です。でないと序盤の早い段階からどんどん失速してしまいます。

こんな感じで、少し遠回りして説明してきましたが、この基本ルートには様々な基礎が詰まっているのでジャングラーが一番最初に覚えるべきルートと言われています。

屑刃(ナイフ)の購入を絶対に忘れない!

非人類学園-屑刃説明

初心者が陥りがちなミスとしてジャングルアイテムである屑刃(ナイフ)非人類学園-屑刃の購入を忘れてしまうパターンがあります。

屑刃
パッシブ-狩猟:モンスターへのダメージ及びモンスター撃破時に獲得するEXPが+15%

画像には「唯一受動」って書いてありますけど、「パッシブ」っていう意味ですね。まだ日本向けにリリースされたばかりで翻訳がうまくいってない箇所が少しあります笑

もしかして購入し忘れたらルートを回り終わってもレベル4にならない!?

その通り!
だから絶対購入し忘れないようにするやね。

ナイフ非人類学園-屑刃のパッシブをよく読んでほしいんですけれど、ジャングルモンスターの経験値を15%多く取得できるんですよね。

購入し忘れた矢先にはジャングルモンスターをフルクリアしてもレベル4に到達しないのでガンクしたときに全くダメージが出なくなってしまいますよ。

ジャングルをする際は必ず屑刃(ナイフ)非人類学園-屑刃を購入しよう!

屑刃(ナイフ)の派生先の知識を身につける

非人類学園-屑刃派生

ナイフの派生先にはいろいろと種類がありますが、今回は基本ルートの話だけにしておきたいので、派生先が何種類かあるよーくらいの話にとどめておきます。

詳しく知りたい人はこちらの攻略記事からどうぞ!

もう一つの基本ルートもある!

非人類学園-ジャングル基本ルート2

実は、先ほど説明した基本ルートのほかにももう一つ基本ルートがあります。

それは青(図書館長)サイドから回るルートです。

  1. 青(図書館長)
  2. 鉛筆頭
  3. 鉛筆削り
  4. 記録員
  5. 赤(重量挙げ王)
  6. 神シューター

こちらは先ほどの赤スタートと回る時間はほぼ変わりませんが、ガンクする相手が敵のトップとなるので、マークスマンをガンクする赤スタートよりかは少しだけガンクが刺しにくいです。

最初の川のコインの小競り合いによっては青サイドスタートもあるのでこちらもついでに覚えてしまいましょう。

ほぼ正反対なので覚えやすいと思います。

赤or青からスタートする理由は回るスピードが速くなるから!

ところで端っこの神シューターや鉛筆頭から回らないの?

良いところに気づいたやね

勘の鋭い人は気づいたかもしれませんが、実は一番端から回らない理由はちゃんとあるんですよ。

最初に赤or青を倒すとドラゴンが一緒にジャングルモンスターを攻撃してくれるので回るスピードが上がるんですよね。

非人類学園-レッドドラゴン

非人類学園-ブルードラゴン

だから最初に赤または青を倒すことで周回速度を上げているんです。青バフ、赤バフってよく呼ばれてますね。

まとめ:基本ルートさえ覚えておけば後からアドリブが利く!

この基本ルートにはジャングルの考え方の基礎が詰まっているので、このルートさえ覚えておけば、途中ミッドに寄らないといけなかったりしてもある程度アドリブの利く回り方ができるはずです。

ではでは、最後にまとめと行きましょうか!

・ジャングルの基本ルート①:赤→神シューター→記録員→青→鉛筆削り→鉛筆頭
・ジャングルの基本ルート②:青→鉛筆頭→鉛筆削り→記録員→赤→神シューター
・アサシンのバーストはレベル4から
・ジャングルアイテム「屑刃(ナイフ)非人類学園-屑刃」の購入を忘れない!
・赤スタートはトップレーンガンク、青スタートはボットレーンガンクが基本

・赤または青からスタートする理由はドラゴンの攻撃によってジャングル周回速度が上がるから

今回はかなり内容も濃くて量も多かったんじゃないでしょうか。忘れてしまったらまた見に来てくださいね。

ではでは、今日のはこの辺で。
書いてほしい攻略記事などあればコメントお願いしますね。

コメント