【非人類学園】カエルが取れないと判断した時のカウンターアクション【攻略】

非人類学園
スポンサーリンク

前回の攻略記事では序盤のカエルの取り方についての立ち回りについて書きました。

取るときに気を付けることやその時の立ち回り方について書きましたが、いつもカエルが取れる状況とは限りません。

ミッドが常にプッシュ負けしていたり、カエルの出現している側のレーナ―が先にガンクを決められていたり、毎試合の状況は異なるわけです。

今回は「カエル無理だなあ…。」ってなったときにどういう考え方を基準に立ち回ればいいのかについて書いていこうと思います。

毎回取れる訳じゃないからこそ取れないときの立ち回りが重要になってくるやね

スポンサーリンク

カエルを取られるときは必ずカウンターアクションを起こす

カエルをただ取られるだけになってしまってはこちらの不利が広がってしまいますよね。

そうならないためにも、カウンターアクションをしっかり起こしていく必要があります。

内容はこちらの記事と若干被りますが、今回は序盤のカエル関連のカウンターアクションを見ていきますね。

タワーダイブされないようにレーナ―と一緒にカエル処理

非人類学園・相手にキルを取られない

個人的には一番しょうもないカウンターアクションです。

なんでしょうもないかというと、ただカエルを取られてそのカエルを処理するってだけで単純に不利がつくからですね。

このアクションを起こさないといけないときは、レーナ―が一人でカエルを処理できない時です。

カエルを取られた後ってカエルがタワーのターゲットを引き受けてくれるのでタワー下にめちゃくちゃ入りやすいんですよね。

だから、カエルを取られた後はタワーダイブされないように最低限レーナ―を守ってあげる必要があります。

ブッシュで待機して反撃する

非人類学園-カエル反撃ブッシュ待機

序盤のカエルはなかなか強くて倒すのに一苦労します。かなりの量のHPが削られるんですよね。

カエルを取られた場合、逆にそこが反撃の目になります。

敵がカエルを取り終わってタワーを削りに来たりタワーダイブしに来た場合、大抵はHPが削れている状態なので非常に反撃しやすいです。

個人的には上の画像のように、相手の視界に映らないようにレーン側からブッシュに入って待機するのがオススメです。

上手くいけば数キル一気に持って行けますね。

ただ、カエルを取ってすぐ敵ジャングルがすぐリコールする可能性もあるので注意が必要です。

敵ジャングルがリコールした場合でも、カエルを確保したことによって敵レーナ―はミニオンを思いっきりプッシュしてきて前に出過ぎることがあるのでそこを狙ってもいいですね。

相手のジャングルモンスターを狩る

非人類学園-青

カエルにもジャングルモンスター同様に倒すとお金と経験値を獲得できます。

このお金と経験値差の穴埋めとして敵ジャングルに入って、敵のジャングルモンスターを狩るというカウンターアクションもありですね。

すると、相手はその分のお金と経験値を取ることができないので、カエル分の差の穴埋めにするわけです。

ただ、これは結構リスクのある立ち回りでマップを見れていない初心者の方だと敵のレーナ―が寄ってきて囲まれることもあるので要注意です。

スポンサーリンク

まとめ!:カウンターアクションで有利を広げられるな!

ジャングルは序盤に大きく試合が動かせるロールであるとともに、敵ジャングラーに大きく試合を動かされやすいロールでもあります。

だからこそ、カエルを取られてもできる限り有利を広げられないようにアクションを起こしていきたいですね

ではでは今回のまとめと行きましょうか。

・カエルを取られた時の序盤のカウンターアクションは主に3つ
1.レーナ―をタワーダイブから守る
2.カエルでHPの削れたジャングルとサポートをアサシンする
3.カウンタージャングルする

今回は少し短いけどこの辺で。
また次の攻略記事でお会いしましょう。

コメント