保護中: なかなか上達しないのは”上達の法則”を知らないからです。

プラトー 未分類
スポンサーリンク

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    長いだけで中身の無い文章、こんな駄文で上達したってんならあんたの程度が知れているわ
    説教する資格ない

  2. 匿名 より:

    良い本を選びますね。私は今までブロガーの書く書評なんて全然共感できなかったしわりと馬鹿にしてきましたが、あなたの書評は記事タイトルからして興味を引かれるものばかりです。

  3. やま より:

    スプラトゥーンの考察やニコ生いつも楽しみにしてます!
    上達の法則、興味があって私も読んでみました。
    すごく納得することが多くて、もっと若いうちに読んでおきたかった一冊でした。
    よわはださんの記事、とてもわかりやすく整理されていると思います。
    今スプラトゥーンでプラトー真っ只中ですが、あのおまじないの言葉を信じてウデマエ上げて行きたいと思いますww
    書評もけっこう楽しみにしているので、たまによろしくお願いします(^^♪

  4. 名無しさん より:

    「プラトー」が「スプラトゥーン」を業界用語風に略した単語に見えてしまって
    記事の内容が全く長期記憶に入らないのであった

  5. へっぽこSランク ダイナモ使い より:

    なるほど 確かに。
    まぁでも学校の英語教育に関しては今の教育方針は知らないけど
    少し前の教え方はそもそもが言葉の仕組みを無視してるし
    母国語のように感覚的に喋られるようにできてないから
    それを一生懸命やっても やっても覚えられないという方達に罪はないよ(^p^)
    本来 言葉というものは「現実にある映像を言語に変換したもの」だからね
    「りんご」で言うなら
    「現実にある赤くて丸いアレ(映像)」←→「 りんご と誰かが命名した(言葉)」
    というように映像と言葉が「直接」繋がってたら 即座に言葉して喋ることができるけど
    旧式の日本の英語教育のように「映像」←→「言葉」←→「言葉」みたいに
    言葉と言葉を繋げてしまうと反射的に喋ることは難しいし
    そもそもが映像的な記憶が働きづらい「言葉」←→「言葉」だと そもそもが記憶し辛いし つまり何が良いたいかと言うと「語学は音楽のカテゴリ」に入れるべきではないかとという(^p^)ダッテダッテ~ 喋るという行為自体 喉の声帯振動(筋肉運動)より発せられる音だし それと頭の中にイメージとを結びつけるというのなら音楽じゃん?(^p^)長文失礼